ヘビロテでコスパよし!。働く女性向けブランドRINの記念レセプションに参加しました

「働く女性向けの、扱いやすく着心地のいい服が欲しい」

「メードインジャパンの服ってどこで売ってるの?」

そんな2つの願いを叶える、RINの受注販売会に行ってきました。

RINとは、私が大変お世話になっているパーソナルスタイリストの黒田茜さんとデザイナーのhitomiさんのブランドです。

昨日は、3周年記念とお披露目も兼ねて、レセプションパーティーが行われました。

私も仕事を早々に切り上げ、お邪魔してきました!

今年の春夏ものも、大変魅力的なトップスやジャケット、Gジャン、セットアップやワンピースを販売しています。

今週末の3月4日までの販売となります!

すぐにお知らせしたいと思い、早速記事を書いてみました。

スポンサーリンク

レセプションパーティーの様子

RINの3周年記念レセプションパーティーは、恵比寿の弘重ギャラリーで行われました。

恵比寿から歩いて5分ほどのところにある、大変おしゃれなスペースです。

今回は、横浜でお料理教室を営んでいる荒木さんがケータリングで軽食を用意してくださいました。

飲み物はシャンパンと甘酒を頂きました。

巻き寿司、ナッツ入りのミートボール、いくらやオリーブを載せたバケット、程良い硬さのビスコッティ、サーモンのマリネなど、豪華なラインナップです!

このような素敵な盛り付けの技術、私も学んでみたいものです。

お腹がとっても空いていたので、飲食スペースでついたくさん頂いてしまいました。

レセプションでは黒田さんの旦那さんが司会で、RINのこだわりなど今回のコンセプトなども教えていただきました。

働く女性向けの服RINのデザインのプロセス、コンセプト、そして苦労

「RINの服をデザインするときのプロセスは?」

という質問が寄せられました。

服のデザインは、2年前に流行のカラーが決められ、それに近い色の布地が販売されるようになります。

カラーや布地を見ながら、流行をおさえ、着た人の良さを引き出すようなデザインを考えていきます。

今年は、ポルカドットなど水玉模様のトップスが用意されていました。

hitomiさんが着用しているのが、RINで初めてつくられたワンピースです。

昨年の春夏物よりも、柄物ブラウスの模様がおしゃれに感じます!

Vネックなど、デザインは昨年のものを継承しているようです。

ほぼ全てポリエステル製のため、洗ってもシワにならずにすぐに乾くのが取り扱いやすさの秘訣。

RINの服は全てメイドインジャパン。

価格帯もトップスが15,000円から、ジャケットやワンピースは20,000円台後半からです。

多少お値段は張りますが、いちど袖を通すと着心地は大変快適!

細部まで工夫されたデザインのため、手放せなくなります。

そして、RINの服を作る際に1番苦労するのは

「日本で作ってもらえる工場を確保する」

ことなのだそうです。

60代から70代の高齢者の方が2人で切り盛りしている工場も多く、腕の良い職人さんをお願いするのがほんとうに大変。

昨シーズンの秋冬コレクションを作ってくれた新潟の工場は3月で閉鎖されてしまうそうです。

普段私たちが買っているユニクロなどの服は、海外で大量生産し人件費も安いために低値段で手に入れることができます。

メードインジャパンのRINの服は、いわば「服のフェアトレード」といってもよいでしょう。

まっとうな人件費を支払うならば、本来服にはこれくらいの値段がかかっているんですよね…。

RINの服は受注生産のため、さらに製作してくれる工場を探すのが難しいそうです。

そのようなストーリーを伺うと、もっとRINへの思い入れが強くなります。

黒田さんも、デザイナーのhitomiさんもご夫婦でこの仕事に携わっており、そんなところにも好感が持てました。

試着してみました!今回私が購入した服は?

今回は、レセプションパーティー会の参加が目的だったため少し早く着いてはみたところ、ほぼ服の試着ができませんでした。

ワードローブに春夏の羽織ものが足りなかったため、写真左上の白っぽいベージュのジャケットを購入しました。

その他のトップスは、試着する時間がなく体に当てるだけで終わってしまいました。残念!

ロイヤルブルーのワイドパンツも着心地抜群!

昨年も購入してヘビロテになったデザインがそのまま使われています。

毎年同じデザインの服が購入できるのであれば、少しずつ買い揃えるのもありだと思いました。

昨年の試着写真と比べてみると、布地の柄の違いなどがよくわかると思います。

>>働く女性の強い味方!服選びにもう悩まない。トップス受注会にお邪魔してきました。

レセプションパーティーの途中、他の方が試着しているのを見ると、

「スタイルが良いとどれも似合うんだな〜」

とか、

「着る人にによって全然服の表情が違ってくるのね」

ということがよくわかり、見ていて楽しめました。

まとめ

今回の、春夏物の受注会は今週末の3月4日までとなっています。

時間は、11時から19時まで。

プロデュースブランド、働く女性に向けて、ジャケットのインナーになる1枚で着ても素敵なトップスとしてスタートしたデザイナーHITOMIとコラボレーションして生まれた「RIN- designed by HITOMI with AKANE KURODA -」3周年を迎えることができました。
2月27日からはじまります。顧客さまはもちろん、ブログをご覧くださっている皆さま、
見に来てくださると嬉しいです。
終日私は店頭にいます!
トップス以外に、ボトム、ジャケット、ワンピースとアイテムが増え働く女性の
休日スタイルのアイテムもプラス。
前回ご好評いただきました大人のGジャンの春夏バージョン、
ホワイトデニムでエレガントGジャンを作りました。
ご注文をいただいた商品を日本生産で丁寧に縫製しお届けいたします。
 今回も・・・
・スカート、パンツスタイル共にバランスがとれるトップス類。
・1枚でさまになる。ジャケットを羽織っても素敵なバランス。
・自宅で洗えて、アイロンがけなしのイージーケア仕立て。
・ビジネス以外にもコーディネート次第でプライベートでも楽しめる。
 
 *サイズM・L2サイズ展開
 *価格 1万円代から2万円代が中心
 
○ビジネスシーンにも使いやすいネックレスが初登場。
ご予約無し出入り自由でどなたでも無料でご参加いただけます。
初日の2月27日17時30分18時30分はレセプションパーティーを開催しております。
レセプションにご参加いただけますお客様はご一報いただけましたら幸いです。
ドリンクと軽食を準備しております。
場所:恵比寿 弘重ギャラリー 
   渋谷区恵比寿南2丁目10-4 1階カフェギャラリー
最寄駅:JR恵比寿駅 西口改札より徒歩6分
    日比谷線恵比寿駅 5番出口より徒歩4分
地図:http://hiroshige-gallery.com/map
日時:2018年2月27日〜3月4日まで 11時〜19時
    (最終日3月4日は17時まで)

>>黒田さんのブログから

今年は試着のための予約時間はないそうなので、時間のあるときにぜひ足を運んでみてください。

私ももう一度お邪魔してトップスの試着ができたらと思います。

ではまた☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です