スマホタイムを減らすためにApple Watch導入!手放せなくなった7つの理由

「スマートフォンに触れている時間を減らしたい」

「Apple Watchを使ってる人が増えているみたいだけど…実際、使い心地はどうなのかな」

Google homeに続き、スマホに触れている時間を減らすために取った対策がApple Watchの導入です。

>>Google Homeで無駄なスマホタイムを減らせるか?我が家の11の利用法をご紹介!

この年末年始はスマホに触れている時間が大幅に増えてしまい、これではいけないと思うようになりました。

スマホの起動時間調べるアプリを入れているのですが、ひどい日は1日8時間以上スマホの画面を見ているのです。

さすがにこれでは、子どもと触れ合う時間も減ってしまいます。。。

スマホはどちらかというと受け身のデバイスのため、テレビを見ている人とあまり変わらない状態ということです。

今回の記事では、

  • スマホタイムを減らすためになぜApple Watchを導入したのか
  • 実際に導入してみてどうだったのか

をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ナゼ?Apple Watch購入の決め手

Apple Watchを購入しようかしら…と意識し始めたのは、毎度お馴染み!勝間和代さんのサポートメールからです。

勝間さんがApple Watchを身に付けたことで運動するようになり、家の断捨離が進み人を呼べるようになったというエピソードがあります。

メッセージや着信、天気なども手元のAppleWatchで確認できるため重宝しているとのこと。

コンビニの買い物の支払いや電車に乗るときもApple Watchで精算を済ませているそうです。

また、最近ブログつながりの同業者の方がApple Watchを購入して大変便利に利用しているという記事も読み、さらに購入意欲に火がつきました。

「時計ごときに5万円?今まで買った時計の最高額は1万ちょっとなんだけど…そこまでの価値あるかなぁ…」

1週間以上悩み、それでも購入を決意!!

Apple Watchを購入しようと思った時にネックになるのは、文字盤の大きさの選択と価格だと思います。

私の手首周りは14センチと小さめのため、38ミリと42ミリどちらを選ぶか迷いました。

いろいろなブログを見たり、実際の大きさに切った紙を手に貼り付けたりして最終的に38ミリのApple Watchを購入することにしました。

近くに家電量販店もないし、職場でAppleWatch持ってる人がいないのです。だから紙で大きさチェック。

実際には、正方形ではなかったので思ったほどの存在感は無くホッとしました。

もう一つのネックである価格については、以前購入したiPhoneと同様に中古品を利用。

新品よりも15,000円ほど安く手に入れることができました。

>>PC・スマートフォン・デジカメ・オーディオの販売・買取なら全国41店舗の「じゃんぱら」へ

Apple Watchシリーズは、現在GPS機能なしのSeries1とGPS付き(セルラー版もあり)のSeries3が販売されています。

Apple Watch series2は、Series3と機能的に大きな違いがないため、series2の中古を購入することに決めました。

ランニングをするなら、絶対にGPSは外せないですよね〜。

届いたのがこちら。

中古品ランクBということでだいぶ画面の傷が目立ちますね。

スポーツバンドは、Lサイズがよく使われていたようでMサイズはキレイでした。

アプリが小さな丸で表示されます。かわいい。

Apple Watchを購入して2ヶ月が経ちますが、1日も手放さず身につけています!!

Amazonで3,000円程度の安いスマートウォッチ購入したことがあります。

その時には、運動量と睡眠の質を測る用途で購入したため、他にメールの通知が確認できる程度。

そこまで便利だなと感じた事はありませんでした。

しかし、今Apple Watchがなくなったら生活に支障が出るかも…と感じています。

なぜApple Watchが手放せないと感じるようになったのか、その理由をご紹介したいと思います。

Apple Watchを手放せなくなった理由

今Apple Watchを紛失してしまったら、勝間さんのようにもう一個新しいApple Watchを買ってしまうと思います…!

思ったより充電が持つ!

1番気になったのは、Apple Watchの充電がどの程度持つかということです。

一般的な使い方で、最大18時間の充電が持つとのこと。

他の方はどうかわかりませんが、私は充電が50%を切ると気になって再度充電を行うタイプです。

朝起きたときにはバッテリーが5〜10%減ってしまっているので、通勤まで20分ほど充電しています。

朝7時に出勤するときには100%です。

夜8時30分ごろお風呂に入る際にApple Watchを外すときには、バッテリーが70%から60%の後半ぐらいに減っています。

その後、40分前後充電するとまた100%に充電されています。

充電のサイクルは、毎日上記のような繰り返しでだいぶ慣れてきました。

「バッテリーが10日間持つ!」

という触れ込みのウェアラブルウォッチに比べると、バッテリーの持ちはさほど良くないかもしれません。

iPhoneを充電するようなイメージで利用すれば問題なさそうです。

やるべきこと、予定が表示されるSiri文字盤が便利!

Apple Watchは文字盤が豊富に用意されており、自分でカスタマイズ可能となっています。

はじめは、すぐにやりたいことができるようにショートカットがたくさん表示されている文字板を選んでいました。

最近になってsiriの文字盤が登場し、勝間さんも便利に利用していると言うことで私も文字盤の変更をしてみました。

siriの文字盤は、使っている人に向けてカスタマイズされた情報を表示してくれるので大変便利です。

サポートメールを勝間塾生に変更するか考え中…。

カレンダーの表示をTODOリストにしているため、その時間帯になるとやるべきことが表示されるのでiPhoneを何回も見て確認する必要が無くなりました。

Siri文字盤で天気もわかる!

siriのお時間では、Apple Watchに入れている純正アプリの情報が表示されるようになっています。

iPhoneのお天気アプリを入れたところ、登録している場所や現在地の情報を取得、お天気や気温、日の出や日の入りを表示してくれるようになりました。

これで、今日の天気予報をわざわざスマートフォンで確認する必要がなくなります。

天気以上に便利に利用しているのが毎日の気温です。

気温がどの程度かわかると、その日着ていく服装の悩みがかなり解消されます。

翌日の天気と気温も表示されるため、今日に比べてどのぐらい寒暖があるのかもすぐにわかります。

Apple Watchを身に付ける前後では、気温に対する意識が大きく変わりました。

電話やメールの着信を逃さない

私は、iPhoneををマナーモードにしているため、着信を100%逃していました。

職場で席に戻ってたまにスマホを確認すると着信ありの表示あり。

保育園からの呼び出しは子どもの発熱か、または怪我をしたのかと焦って折り返し電話するのです。

しかし、電話の着信も近くにiPhoneがあれば必ず手首のAppleWatchがお知らせしてくれるので着信を逃すことが一切無くなりました。

メールや、LINEの着信もお知らせしてくれます。

iPhoneの通知の設定が反映されるようになっており、カスタマイズも可能です。

ただ、LINEの無料通話着信のお知らせをしてくれないので注意が必要です!これは残念過ぎる…。

睡眠のログが取れ、健康管理に役立つ

Apple Watch向けの睡眠ログアプリで、AUTOSLEEPというアプリがあります。

有料ではありますが、このアプリを利用するとApple Watchで睡眠の量を取ることができます。

これがなかなか地味に便利で、睡眠の質や深い眠りがどのぐらいあったか週に2、3回確認しています。

飲酒をされる方がログを取ってみたところ、飲酒をした日としない日で寝ている間の心拍数がかなり差があったそうです。

私は飲酒をしないのでログは取れませんが、仕事で帰りがとても遅くなった日などは睡眠時間がかなり減ってしまい、質が低い日がありました。

健康管理のために睡眠の質や心拍数をチェックしてくれるアプリを利用するのはありだと思います。

タイマーが意外と便利!

時計の機能で、タイマーがセットできるのは大変気に入っています。

私はsiriの文字盤から、すぐに5分10分のタイマーをセットできるようにしてあります。

土日などの休みの日にはキッチンタイマーを首から下げ、5分のタイマーをセットして家事開始のエンジンをかけるのがルーチン。

Apple Watchを導入してからは、キッチンタイマーを用意しなくても手元でタイマーをセットして家事を開始しています。

タイマーと似たような機能で、アラームも重宝しています。

決まった時間にアラームをセットしておけば、その時間になるとやるべきことを教えてくれます。

起床アラームをかけておき、音を鳴らさずバイブで起きられるようになりました。

朝私だけ早く起きているので、これは家族にも迷惑をかけない良い機能!!

職場でも、忘れてはならないことをアラームに入力して定期的にリマインドすると、Apple Watchが思い出させてくれるので大変便利です。

AppleWatchがランニングのお供になった!

あまり期待していなかった機能に、アクティビティーがあります。

1日の動きをApple Watchが記録してくれて、ムーブ、エクササイズ、スタンドの3種類の動作を記録してくれます。

仕事に行けば、大体家に帰り着く途中でそれぞれのリングが達成されたと通知が来ます。

休みの日には、車でショッピングモールに出かけて中でうろうろしても思ったよりもエクササイズが達成されていないこともありました。

そしてタイトルの通り、ランニングの記録がとてもスムーズになりました。

1キロごとの速度や、心拍数も一目でわかるようになっています。

かなり使えるので、先日はマラソン大会でも利用してみることにしました。

晴れていても文字盤が見やすい!

一時停止やロックの機能もついています。

ガーミンなど本格的なランニングウォッチを買おうとしている方、Apple Watchも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

Apple Watchでスマホタイムは減ったの?

今までiPhoneで確認していた様々な通知を、Apple Watchで確認できるようになりスマホタイムは確実に減りました。

やりたいことをスマホでやろうと思っていたら通知に目が行き、気がついたら他のアプリを何十分も触っていた…なんてことよくありますよね。

そのような状況はだいぶ回避できていると思います。

モーメントと言うアプリでログを取ってみたところ、利用時間が平均して1時間ほど減りました。

マホではどうしても情報確認ばかりをしてしまうことになるので、上手く付き合いつつ、情報発信をしていく時間を増やしていきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

やるべきことを見逃すことが減り、今では自分の生活になくてはならないツールになりました。

はやくも、今年買って一番良かったモノにランクインです!!

  • TODOリストをカレンダーと同期して確認している人
  • スマートフォンで天気を確認している人
  • タイマーやアラームをよく使う人
  • 通話の着信をよく逃してしまう人
  • ランニングやアクティビティーの記録を取りたい人

そういった方に、ぜひApple Watchをお勧めします。

いいお値段しますが、ぜひ中古品などを利用して試していただけたらと思います!

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です