ヘルシオ&ホットクック、シンプル調味料のレシピをカテゴリー別にご紹介!

「ホットクックがほしいけど、実際に作ったイメージがわかない」

「実際に作った人のレシピがあると助かる!」

ヘルシオ・ホットクックは全自動洗濯機と同じ!

洗濯物入れて、洗剤入れてスイッチオン。

本当にほっとくイメージです。

洗濯機の前でじっと待つ人はいないのと同じで、ホットクックが動いてる間に別の作業ができます。

週末は調子に乗り、ヘルシオとホットクックでいろいろ作りすぎました。

セミドライトマト、牛すじの煮込み、ナスのめんつゆ煮、ひじきの煮物、蒸し野菜の和え物など。

野菜は蒸すと全然味が違いますね。

ポテトサラダもじゃがいもをホットクックで蒸しました。

やっぱりもう一台欲しいと思っちゃいました。

で、普段キッチンで調理をするときによく作るレシピは、プリントアウトして紙に残すようにしています。

それでもつい忘れてしまったり、スマホを見て探すことも多いです。

じゃあ、メモじゃなくブログに記録しておけば良いのかとひらめき、記事にしてみました。

随時追加していけたらと思います。

調味料のキホンは、食材の重量✕塩分0.6%を守るだけです。(または、醤油3〜4%、みそ5%)

スポンサーリンク

肉、魚中心のレシピ

牛すじの煮物

ホットクックのレシピ通り。

牛すじをそのまま一度スープモードで煮る。

煮たら洗って小さく切り、ちぎって塩もみ、湯通ししたこんにゃくとしょうゆ(4%)、みりんで味付けしてほっとクックの牛すじの煮物メニューを選んでスイッチオン。

下ごしらえと本調理で2時間以上放っとく調理でした。

居酒屋の牛すじ煮込みがご家庭でも!

七味唐辛子がよく合います。

ボークビーンズ

玉ねぎ、大豆、トマトの水煮を加え、豚肉は軽くほぐして加える。

味付けは0.6%の塩とこしょうだけ。

こちらも、ホットクックのレシピにコースがあります。

なぜか完成時の写真がない…出来上がった後乾燥パセリを振ると美味しそうに見えます。

野菜中心のレシピ

野菜蒸し

ヘルシオ手動蒸しで80℃10分

ほうれん草、ブロッコリー、しめじ、オクラを一度に蒸しました。

しめじとオクラは塩少しと梅干し、鰹節で和えます。

ナスのめんつゆ煮

ナスに切れ目を入れて適当な大きさに切ります。

3倍濃縮のめんつゆを3倍に薄めて150ml、チューブのしょうがとお好みでごま油を回しかけてホットクック手動煮物かき混ぜありで5分。

青ネギとしそを散らす。

じゃがいものポテサラ

じゃがいも3個をいちょう切りに。

ホットクックの蒸し板を使った蒸し(水100mlを鍋底に加える)で10分蒸す。

きゅうりを薄切りにして塩を振り、絞っておいて半分に切ってほぐしたカニカマを加えてマヨネーズで和える。

ついでに、トウモロコシなど他の野菜を蒸しても良いです。

玉ねぎでもできます。

茹でたじゃがいもの100倍美味で、クリーミーに仕上がります。

青菜とえのきの和物

余っていた野菜救済です。

ホットクックに、蒸し板を置かず直接鍋に入れて少し水気を与え、茹でものメニューでほうれん草・小松菜を選ぶ。

水気があるので、海苔とすりごまを加えました。

3%の醤油と、ごま油で和えます。

セミドライトマト

半分に切ったミニトマトを10分ほどひっくり返してキッチンペーパーで水分を取る。

軽く塩を降って120℃のオーブンで90分焼く。その後冷めるまで放置。(120分位でもいいかも)

オリーブオイルに唐辛子、ハーブ(お友達はローズマリー入れてた)を加えてトマトをオイルに浸す。

パンに載せたりしても美味しいです。ペペロンチーノ作る前になくなってしまった。。。

カレー、スープ類

かぼちゃのポタージュ

かぼちゃの皮をむき、2,3cm角に切り、玉ねぎも繊維を切るように薄切りにする。

水200mlを加え、かぼちゃのポタージュコースでスタート。

途中、報知音が鳴ったら牛乳200mlを加える。

かぼちゃを切って入れただけなのに、なんでこんなになめらかになっちゃうの!?と驚きの連続でした。

以前もらった粒のスイートコーン缶詰をフードプロセッサーで砕いてコーンスープも作っちゃいました。

フツーにまろやかなコーンスープに仕上がりました。

粉末のコーンスープとはおさらば!

無水カレー

子どもに気を使って、セロリで作らなかったのですが失敗でした。

セロリを入れて作ると、野菜の旨みが出て本当に美味しいです。

ただ、葉っぱもフープロで砕いて入れると嫌がる子がいたので、茎だけのほうが良いかもしれません。

お味噌汁

勝間さんの本に、お味噌汁についても書かれていたので作ってみました。

2.4lのホットクックには味噌汁コースが付いています。

25分間でできるのですが…じゃがいもなど野菜が絶妙な火加減で、めちゃめちゃ美味しかったです。

勝間さんは、半分具にして具だくさんにすることで出汁をとらないようにしています。

我が家は具だくさん味噌汁はお好みでない家族がいるため、村上祥子さんのレンジ用だしポットで出汁を取ってからホットクックで作っています。

麺類

パスタ、そうめんを茹でる

2lの水を入れて、報知音が鳴ったら麺を加えて茹でたい時間を設定します。

全部で30分位かかったので、時間がかかるからと後ほどガスコンロの鍋で作ってみました。

時間を計ったら…ガスコンロを使ってもやはり30分近くかかってしまいました。

なんだ〜、それならホットクックで麺茹でたほうがかき混ぜてくれるしラクですね。

茹で上がったときの蒸気でやけどしそうになったので注意が必要です。

乾物、豆中心のレシピ

ひじきの煮物

ひじきを戻し、油揚げ、人参を細切りにして豆を加える。

3%のしょうゆと大さじ1のみりんでホットクックメニュー→ひじきの煮物(無水調理)を選んでスイッチオン。

発酵・デザート系

発酵あずき

勝間塾のホットクックグループの方に教えていただきました。

小豆 200g水600cc、ホットクックで混ぜなし、煮物1時間。

茹でた小豆を60℃位まで冷ます。

米麹200g と水 100ccを混ぜて、ホットクック 「あずきの甘酒」コース 約6時間

米麹のつぶつぶが気になる場合は、フードプロセッサーで細かく砕いておきます。

たくさんできて、ヨーグルトに入れて食べました!

パンにも塗りました!

ほんのり甘いので、「いつもの小豆の甘さ」を想像してしまうとギャップに苦しむかも…!

まとめ

ホットクック、なかなかの活躍をしてくれています。

そのため、家のガスコンロを使う頻度が極端に減りました。

ホットクックで作ったものの再加熱(温め直しが時間かかりすぎ!)

フライパンなどの炒め物

くらいしか使ってない!スゴイ。

夏の暑い時期も、台所で汗だくにならなくて済んでホント助かりました。

全力でおすすめします〜。

いきなり購入はハードルが高い!という方へ。レンタルしてから考えるという選択肢もありますよ♪

スロークッカーから電気圧力鍋、ヘルシオ、ホットクックまで便利な調理家電を試しまくってます!

ではまた☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です