グッジョバ!よみうりランドを120%楽しむための攻略ガイドはコレだ!

日本最大!モノづくりが体感できる新エリアがよみうりランドに3月18日にオープンします!その名も「グッジョバ!」

グッジョバ!

近隣住民向けに、プレオープンのご案内をいただきました!友人家族と、13日の日曜日に子連れでがっつり遊んできました!

このブログでは、グッジョバ!で体験したアトラクションの口コミと、これから行く人向けにガイドを書いておきますので良かったらご覧ください。

スポンサーリンク

グッジョバとは?

「グッジョバ!!」は、生活に密着し、親しみやすい自動車、食品、ファッション、文具の4業種からなるfactoryで構成されたよみうりランドの新遊園地エリアです。

従来の遊園地と異なり、参加感あり!能動的に!学べる!競える!といった新しいエンターテインメント性を追求し、アトラクションに乗って楽しみながらモノづくりを知ることができます。

日本初となるアトラクション4機種を含め、全15機種が登場します!また、オリジナルの「日清焼そばU.F.O.」を作るワークショップや車づくりのグループワークなど、モノづくりが楽しめるワークショップを各factoryで毎日開催します。

>>よみうりランドホームページより。

総投資額は約100億円だそうで、保育園ママの間でもこの「100億円」が評判になっていました。攻めの姿勢を感じます!そして、この新エリアオープンに合わせ、一日乗り物乗り放題チケットのワンデーパスの大幅な値上げが予定されています。(大人4,000円→5,400円)

グッジョバ!の主要エリアとアトラクションを見てみましょう。

4つのファクトリーとアトラクション15種&ワークショップ

グッジョバ!では、4つのファクトリーにそれぞれメインアトラクションがあり、全部で15種のアトラクションが用意されています。ワークショップも開催されており、体験するには整理券が必要になります。

CAR Factory

クリーンで近未来的な自動車工場をイメージしたCAR factoryでは、デザインから組立、出荷にいたるまで車の製造工程の一連の流れを体感できるアトラクションが屋内外に2機種ずつ、計4機種登場します。また、5~6人のグループで、効率的な車(模型)の作り方を知るワークショップも開催します。さらにエントランスには高さ約4mの全自動変形ロボ「CIRA(サイラ)」が登場します

FOOD Factory

FOOD factoryでは、日清食品のロングセラー商品「日清焼そばU.F.O.」をテーマにした工場の中で、「日清焼そばU.F.O.」の製造工程や調理工程をアトラクションに乗って体感することができます。アトラクションは屋内に2機種が登場。中でも注目は、一世を風靡した「日清焼そばU.F.O.」の人気キャラクター「ヤキソバン」「ケトラー」が大活躍するボートライド「スプラッシュU.F.O.」です。さらにワークショップでは日本で初めて、世界でひとつだけのオリジナル「日清焼そばU.F.O.」を作ることができる「マイU.F.O.ファクトリー」も登場!

FASHION Factory

FASHION factoryでは、まるでファンタジーの世界に迷い込んだような洋服の工場内に2機種のアトラクションが登場します。生地の裁断や縫製など洋服の製造工程からファッションショーまでの一連の流れが体感できるジェットコースターとオリジナルの編み物を作ることができるアトラクションが楽しめます。「ワールド」とコラボし、「ファッションへの興味を持ってもらうきっかけづくり」をテーマにモノづくりワークショップも開催します。

BUNGU Factory

BUNGU factoryでは、コクヨのロングセラー商品「キャンパスノート」をテーマにデザインされた工場内に、2種類のアトラクションが登場。身体を動かしながらノート作りを知ることができます。さらに屋外に日本初のボールコースター型アトラクション「ちえくらべ『たまゴロー』」など文具をモチーフにした4機種のアトラクションが登場します。ワークショップでは世界にひとつだけのオリジナルキャンパスノートを作るなど、文具にまつわるモノづくりが楽しめます。

>>よみうりランドホームページより。

では、実際に入場するまでと、入場してから体験したアトラクションとワークショップをご紹介します!

開場前にゲートに並んで待つべし!

実は、今までよみうりランドに遊びに行く時に入場前に並んだことありませんでした…。一緒に行くお仲間が、「プレオープンとはいえ、さすがに混むと思うから並んでおいたほうがいいよ!」と言うので半信半疑で開場30分前に行ってみたら、チケット売り場の窓口にそれぞれ10人ずつくらい並んでいました!

グッジョバ!

グッジョバ!に直に入場できる臨時ゲートができていました。朝からグッジョバ!を楽しみたい人はここに並ぶことになります。また、チケット売り場とゲートは別になっています。前売り券を持っている場合はゲートに並べばチケットを購入する人よりも先に入場できますよ。

グッジョバ!

ワークショップに参加するには、整理券を取っておく必要があります。先着順ですので、開場したら即!体験したいファクトリーに走り、整理券をゲットしておきましょう。

グッジョバ!に入場して、即やったこと

9時過ぎにチケット売り場でチケットを購入して臨時ゲートへ。まだこの時点では人は少なかったように感じました。

グッジョバ!

体験型ワークショップの整理券ゲット!

娘が「やりたい!」と言っていたファッションファクトリーのワークショップと、オリジナル焼きそばUFOづくりの整理券をゲットしました!

30分おきに参加する時間を指定して整理券を発行してもらえます。ファッションファクトリーの体験時間は30分間、オリジナル焼きそばづくり体験は45分で、結構長いなと感じました。午前の早い時間に体験してしまうと、アトラクションが混雑して乗れなくなる可能性があります!お昼を食べ終わっているだろう13時半と、14時半に指定しました。

グッジョバ!

目玉のメインアトラクションに乗車!

息子たちには、カーファクトリーのev-グランプリを体験。電気で走る次世代ゴーカート。ワンデーパス以外に1,000円が必要になります。

グッジョバ!

全長1.1kmの超ロングコースです!私は娘についていたので乗っている姿を見られず残念!兄弟二人でかなり楽しんだようでした。

グッジョバ!

乗車したあと、ペーパークラフトを頂いてきました。

グッジョバ!

フードファクトリーのメインアトラクション、スプラッシュU.F.O.も大人気でした。お友達が親子で体験していました。

グッジョバ!

このヤカンの水が注がれている激流を下るので、なんと「カッパがないと濡れます」と注意書きがありました!カッパは100円で売っています。この100円をケチったママさんはお尻がびしょ濡れに!乾くまで3時間くらいかかったと言っていました。

グッジョバ!

娘とは、SKYパトに乗車。アルソックの掛け声がかかる中、サイクルを漕いでドロボウを捕まえます。グッジョバ!をだいたい一周することができますよ。

グッジョバ!

一生懸命漕ぎすぎると筋肉痛になりそうです。特に年中の娘は足がペダルに届かないので、私一人で漕いでたことになるのよね。

入場して即体験したいメインアトラクションに並ばないと、すぐに列が伸び、「ここから90分」という札を持ったお姉さんが現れます。ご注意ください!

家族で楽しめたアトラクションとワークショップ

他にも、家族で楽しめたアトラクションをご紹介します!

マイU.F.O.ファクトリーでオリジナル焼きそば作り!

整理券さえ取っておけば、指定時間にオリジナル焼きそば作りができます。

グッジョバ!

整理券以外に、U.F.O.一食につき300円の費用がかかります。整理券に書かれている数字が製作可能なU.F.O.の数になります。付き添いは何人でも可。

グッジョバ!

食券をイメージしている参加券のようですね!手洗い、アルコール消毒をしてから入場です。

グッジョバ!

U.F.O.のメンコ部分は、通常は黒のパッケージになります。何枚かに1枚キラキラパッケージが含まれていたりとゲーム要素満載。まずは白紙部分にオリジナルのイラストを書きましょう。

グッジョバ!

メンコを工場内に入れたら、オリジナルU.F.O.づくりの始まりです!

グッジョバ!

麺にソースを載せて…ここで、乗せられる具が増やせるルーレットゲームがあります。我がチームは4種類のままでした。

グッジョバ!

外付けのマイクから、入れたい具とトッピングを指定します。コーン、ネギ、エビ、豚ミンチ、人参、キムチ、ポテトなどなど。トッピングは青のりや、珍しいところではパチパチがありました。焼きそばにパチパチは合うんだろうか?

グッジョバ!

具を乗せたら、パッキングします。

グッジョバ!

熱で角が縮んで、お店で売っているU.F.O.になりました!

グッジョバ!

最後に、U.F.O.を持ち運べるビニール袋が配られるので外から空気を入れたら、U.F.O.が浮かんでいるようなカバン風パッキングの出来上がり!肩から下げて持ち運べますよ。空気を入れ過ぎると破裂したり、中のU.F.O.が飛び出しますのでご注意くださいね!

グッジョバ!

はじめは、「別に焼きそばなんて作りたくない」と言っていた小学生の息子も、出来上がったら「コレ面白かった!また作りたい!もう整理券ないの?」とハマっていた様子。

マイU.F.O.を先に作ってしまった息子たちは、U.F.O.をイメージしたというU.F.O.バンプに乗って遊んでいました。ホバークラフトのようにクルクル回ったり、他のバンプにぶつかり合って楽しめる一人乗りの乗り物です。

グッジョバ!

ファッションファクトリーのわくわくファッションラボにて、かわいいくるみボタン作り!

娘が楽しみにしていたファッションファクトリーのワークショップに参加しました。一日の定員が35名と少ないので、入場してすぐに整理券をとっておきましょう!室内も白で統一されていてオシャレ!お姉さんが丁寧に作り方を説明してくれます。

グッジョバ!

頂いたくるみボタンキットです。3枚の生地と、くるみボタンの材料5個分、打ち具と打ち具台、型紙が入っています。

グッジョバ!

小さい子でも座れる丸机がかわいい!

グッジョバ!

まずは、型紙をカット!係の方が、左利き用のハサミが無いことを気にされてましたが大丈夫。

グッジョバ!

生地を型紙に沿って切り、打ち具台にボタンと布を入れて挟んで打ち具でギュッと押します!

グッジョバ!

出来上がりました~!家に帰って、好きな洋服の端切れで作っても思い出に残りそうでいいですね♪年中の娘でも楽しめました。

グッジョバ!

こちらも参加費300円が必要です。乗り物券または現金で支払いましょう。

小学生の息子がドハマり!カーファクトリーのマイレーシング

端末上で自分が乗りたい車をデザインしてから、カーレースに参加します。タッチパネルで未来の車を思い通りに作りましょう。入力が済んだら、QRコード付きの用紙がプリントされます。

グッジョバ!

乗車席が8台あり、乗り込んでQRコーナを読み込ませてシートベルトを閉めたらカーレースの始まりです!

グッジョバ!

助手席のママも、ブースターボタンを押して応援!「カーブ曲がりきって!ぶつけちゃダメ!!」と、私が一番盛り上がっていた(息子談)ようです…。

グッジョバ!

並んでいる間は、全自動変形ロボ「CIRA(サイラ)」を見て楽しめます。30分おきに車からロボット、またはその逆に変形します。

グッジョバ!

幼児大好き!カーファクトリーのスピンドライブ

こちらも、娘がハマって3回乗るはめに。3歳以上なら一人で乗れますよ。

グッジョバ!

これ、よみうりランドにも似たようなのあるじゃん!と侮るなかれ…

グッジョバ!

カーブのスピン具合が半端ない!遠心力でかなりふられます。シートベルト必須です。気をつけてご乗車くださいね。

ブングファクトリーのひらめキッズは屋内でも楽しめる遊び場!

午後には整理券が必要になっていました。動物の白板にチョークで絵を書いてみたり、マグネットで大きな福笑いが出来たりと娘は喜んで遊んでいました。

グッジョバ!

ナニコレ~!!!15分交代で退場しなければならないのが残念!小さい子が目いっぱい楽しめる遊び場でした。

グッジョバ!

幼児向けのアトラクションは?

3歳以上や年齢制限のみのもの、身長90cm以上と指定されている小さめのお子さんが楽しめるアトラクションは屋外を中心に、「スピンドライブ」「かどけしトロッコ」「たまゴロー」「くるくるコンパス」「ひらめキッズ」などがあります。

グッジョバ!

逆に、3歳未満のお子さんが楽しめるアトラクションはほぼありません。今回ご一緒した乳児連れのご家族も、パパが無料休憩室や屋外でお子さんと待機していました。ブングファクトリーに無料休憩室があります。↓

グッジョバ!グッジョバ!

グッジョバ!でのランチはどうする?

今回は事前に電話で予約できなかったので、11時からシェーキーズに子守りのパパたちに行ってもらい後から合流しました。座席の半分は時間指定で事前予約できるそうですよ。

グッジョバ!

ピザ、パスタ食べ放題、飲み物飲み放題、ソフトクリームありの90分。子ども達はじゃがいもの形が残ったポテトがお気に入り。飽きてしまった子ども達向けに遊べるスペースが確保されています。

グッジョバ!

休日の12時頃は、ものすごくすごく混んでました!

グッジョバ!

がっつり遊びたい場合は、園内のレストランや売店、持ち込みのお弁当もアリだと思います!グッジョバ内の売店もピザやクレープ、ポップコーンなど色々な売店がありましたよ~。

激混みの午後、そしてよみうりランドへ。

午後になると、メインアトラクションはかなりの混雑になってしまいました。プレオープンでこの状態だと、本格的にオープンした場合どうなっちゃうんだろう?安全第一だからか、乗車してシートベルト確認するだけで結構時間のかかるアトラクションもありました。

グッジョバ!

メインアトラクションを2つ乗るだけで3時間近くかかるとは…。

逆に、バンテッドは15分待ちで空いています。子ども達もよみうりランドに行きたいとのことで、連絡通路を使ってお邪魔したところプリキュアショーをやってました!コレは誰?

グッジョバ!

観覧車はスムーズに乗れました!

グッジョバ!

まだ、よみうりランド園内を開発している様子が見えます。今度は何を作るんだろう?

グッジョバ!

16時過ぎによみうりランドを出ました。子ども達は大満足の様子!「夜は焼きそば食べたい!」と大盛り上がりでした。

私も久々に子ども達と思いっきり楽しめた気がします。また行ってもいいですね!

まとめ・よみうりランド「グッジョバ!」120%楽しめるポイントは5つ!

グッジョバ!を体験してみて、ぜひここは押さえたい!というポイントは以下になります。

  1. 事前にチケットをセブンチケットなどで購入しておくと当日チケット売り場に並ばずに済み、入園がスムーズ。調べてみたところ、ワークショップつきチケットや、少しお安い前売り券も用意されてますよ!>>セブンチケットのグッジョバ!販売ページ
  2. お子さんの身長を測っておくと良いです。90.110cmを超えるかどうかはひとつのポイント。
  3. 開場1時間前には並んでおくと、整理券が取れなかったと泣かずに済みそう。
  4. 入園したらまずは午後分の整理券を取り、空いているうちにメインアトラクションに乗ろう!
  5. グループで行くと、整理券を分散して取れるのでおすすめ。とはいえ、ワークショップは基本一人分の予約しかできないみたいでした。マイU.F.O.は何個分ですか?と聞かれたのでグループ分予約できますね。

お得なチケットはこちら↓でも購入できますよ。

簡単なアンケートに答えると200円引きに!>>よみうりランド公式割引ページ

セブンチケット前売り券は、ペア、ワークショップの特典つきも!>>セブンチケットのグッジョバ!販売ページ

ヤフオク!で株主優待券をゲット!>>ヤフオクの「よみうりランド」検索結果

小さい子連れだと大変と思われることは、以下になります。

  • 小さい子向けのひよこパスとワンデーパスで乗れるアトラクションが異なること。子どもの年齢差がありすぎると、上の子と下の子は分かれて遊んだほうが楽しめそう。
  • 3歳以下の子どもが楽しめるアトラクションがないこと。赤ちゃん連れの場合はどちらかが子守になること必須です。

グッジョバの印象は、

  • 早めに入場した人向けのワークショップ
  • 小学生以上の子のためのメインアトラクション
  • 幼稚園児以上のための子ども向けアトラクション

それぞれのアトラクションに企業のコンセプトがあることに大人は気づくのですが、子どもたちはどうだろう?とにかく、目新しいアトラクションを楽しんでいたという印象が強いです。企業のいいPRにはなるかもしれませんね。ひとことで言うなら「万博のパビリオン」。

ご近所にあるよみうりランドにはぜひとも頑張って欲しいので、成功するといいな…。でも、待ち時間90分とか書かれると萎えるんですよね〜。

おまけ

家に帰ってから早速オリジナルマイU.F.O.を作って食べてみました!

グッジョバ!

これが思いの外ウマい!!!子どもは「絶対にまた作りたい!」と大喜びでした~!!!今度またグッジョバ!に行ったらリピ必須です!

グッジョバ!

ではまた☆

[よみうりランドの関連記事]

>>>【早速行ってきました!毎年見ても感動☆】よみうりランド・ほたるの宵2015

>>>【ハロウィンと、プリキュアショーを満喫!】週末はぷらっとよみうりランドへ!

>>>【2015-2016版】割引情報もあり!小学生以下入場無料のよみうりランド・ジェルミネーション☆

>>>【新東京百景】よみうりランド・弁天洞窟に行ってきました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!