2016年分の締め切りまであと7日!まだふるさと納税可能じゃない?旬のセイコガニレビュー!

「今年分のふるさと納税、まだ間に合う?」

「手間をかけないでふるさと納税するにはどうしたらいいの?」

今年分のふるさと納税は、今月の31日までに申し込み、入金する必要があります。

すでに、今年分の源泉徴収票をもらった人も多いかと思います。

収入が確定していれば、ふるさと納税のシミュレーションも簡単です。

もしかしたら、あと1件や2件納税できるかもしれません。

今回の記事では、

  • 今からふるさと納税するのにおすすめのサイトとメリット
  • 私が今年頂いた返礼品
  • 今月申し込んで頂いたセイコガニレポート
  • 今から申し込んで、失敗しないコツ
  • どのくらいの収入で、いくらまで納税できる?

についてご紹介します。

スポンサーリンク

今からふるさと納税するのにおすすめのサイトとメリット

今年私がチャレンジしたのは、「さとふる」というふるさと納税サイトです。

>>ふるさと納税サイト【認知度No.1・利用意向No.1】「さとふる」

あまりに返礼品の種類と価格が多いと、つい目移りして調べている間に疲れてしまうことはありませんか?

さとふるは、多すぎず、厳選されているので構成されているのでいわゆる「選び疲れ」しにくいかなと思います。

ジャンル別に、ランキング形式から選べるのもおすすめのも理由の一つ。

また、一度申し込めばメルマガでおすすめの返礼品を教えてもらえます。

こんな感じに…!(画像なので、リンクは無効です!)

いまなら、Amazonギフト券が500円分付いてくるキャンペーンを実施中です。

最近は、楽天市場でも買い物と同じようにふるさと納税できるようになっていて、ポイント10倍で10,000円の寄付をすれば1000ポイント返ってきたりしますから、どこも侮れないです。

>>楽天市場・ふるさと納税のページ

私が今年頂いた返礼品

今年私が頂いた返礼品は、

  • 旬のもの…ぶどう
  • お米…なんと2俵!10キロが一年間届きます。
  • お肉…牛肉2ヶ所、豚肉1ヶ所からいただきました!

くわしくは、こちらのリンクからどうぞ。

>>年末まで確定申告必要なし!まだ間に合うふるさと納税、大満足お礼の4品をレポート!

この時期しか味わえない、小さいけど身の詰まったセイコガニ到着!

メルマガでこれは!と思って申し込んだのがセイコガニ。

朝茹で!がウリ。ズワイガニのメスで小さいけど内子が絶品!

福井県小浜市をはじめ、日本海の特産品です。

11/6から解禁され、この季節にしか味わうことができません。

ズワイガニのオスは大きめですが、メスの甲羅のサイズは手をグーにしたくらいの大きさです!

楽天だと、セイコガニ5杯で5,000円から7,500円程度します。

以前は、楽天などの通販サイトから購入していました。

しかし、ふるさと納税で朝茹での新鮮な状態のカニを夕方に送っていただけるなんて…!

基本的に、これから宿泊予定のないご家庭だといつでも受け取れて良いかと。

先日、申し込んでから2週間ほどで届きました!

冷蔵して、3日以内に食べること。

この日から、夫婦でカニを食べる日々が続きました。

子どもはカニ好きじゃないんですよ…残念ですねぇ…。

このセイコガニの美味しいところは内子!

カニミソと混ぜていただきます。

片手でカニを持って、もう片方の手でカメラ持っているのでブレちゃってますね…!

外子を取って、甲を半分に割るようにすると足がキレイにとれます。

食べやすい方法も、同封のリーフレットに書いてあるので助かりました。

取れたての状態で茹でてあるので、洗ったり加工の必要一切なし!

ありがたいことです。

今から申し込んで、失敗しないコツ

長期外出の時に受け取りにならないように!がポイントでしょうか。

旬のものにあるあるの失敗です。

朝茹でのカニも、冷蔵3日が限度でした…もし、旅行に出ている時期だったら??

考えただけでも恐ろしい…!

さとふるも、返礼品によっては受け取りの時期をずらせるようですのでチェックしてみてください。

ハンバーグやソーセージ、干物、お酒、アイスクリームなどの冷凍物、加工品もありかと。

まあ、正月三が日に届く返礼品はないとは思いますが…。

どのくらいの収入で、いくらまで納税できる?

ワーキングマザーを例に考えてみましょう。

子どもが小さく、共働きの家庭は一人暮らしと同じ扱い。

ふるさと納税の恩恵を最大限受け取れますよ!

収入  納税可能額
300万円  27,000円
400万円  41,000円 
500万円  60,000円 
600万円  76,000円 
700万円 107,000円 
800万円 129,000円 
900万円 150,000円 

まとめ

賛否両論あるふるさと納税ですが、共働きで子どもが小さく、控除もない我々にとって、

「申し込まないと損!申し込まないなんてありえない!!」

制度と言えます。

また、facebookのフィードで、糸魚川市へのふるさと納税を呼びかけている投稿があり、すぐにできる支援なんだと感心しました。

>>ふるさとチョイスの糸魚川市へのふるさと納税リンク

熊本の地震の時も、ふるさと納税で支援の輪がかなり広がったようですね。

夫の源泉徴収票を見てみると、まだまだふるさと納税が出来そうな気配。

もう少し調べて、納税してみようかな。

年間の食費がどんどん増えるのが悩みの、「育ち盛りのお子さん」をお持ちのあなた!

あと数日で今年の分が終わってしまいますよ〜。

サラリーマンの恩恵を最大限受けましょう!!

>>ふるさと納税サイト【認知度No.1・利用意向No.1】「さとふる」

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!