睡眠の驚くべき力!学習、問題解決力アップも可能!本「よく眠るための科学が教える10の秘密」

皆さん、睡眠時間は確保できていますか?

cat

充実したと思える眠りになっていますか?

私も、睡眠時間は

「何も生み出さない、ムダな時間」

と認識しているようで、忙しい時には真っ先に削られる時間の一つになっています。

日本人は特に短時間睡眠の傾向があるようです。

しかし、この本を読んだらかなり認識が変わりました。

皆さんの睡眠時間はいかがですか?

Amazonより。

「眠れない夜のために」この一冊を!

睡眠を疎かにする人は人生に成功できない。自ら「不眠」に悩んだ著者が、人生をよりよくする「快眠」のコツを科学的に明らかにする。
有名大学での科学実験で実証されたその方法、披露いたします

はじめに さぁ、この本を手にして目覚めよう
私自身が「眠りの科学」に関心を寄せるようになったのは「夜驚症」に襲われたからだ。睡眠の質を改善することなくして豊かな人生は望めない。さぁ、レッスンを始めよう

脳は寝ている間にも活動しており、日中活動で散らかったアタマを睡眠中に整理してくれているそうなのです!

確かに、心の健康状態が悪い時は眠ったとしても真夜中に起きてしまい眠れず、日中の仕事にも支障が出てしまいました。

寝ている時間をもっと有効利用しよう!!

スポンサーリンク

なるほど!メモ

10の秘密の中で、なるほど!と思った項目をピックアップしてみました。

眠らずにいるとどうなるか?

睡眠を奪われたラットは、食べ物を充分に与えられていたにも関わらず、一週間で体重が減少し毛が黄ばみ始めた。そして一月後、ラットは一匹残らず死んだ。

1959年に、アメリカのDJ、ピータートリップは話題作りのため8日間眠らない実験に挑むことにした。

数日後、彼は馴染みの散髪屋に暴言を吐き、散髪の途中に泣かせた。

その数日後には、トリップに幻覚や幻聴の症状が出始めた。

最後には、自分が何者かわからなくなり、ピータートリップは自分の演じている男の名前に過ぎないと思い込んだ。

この実験のあと、ひたすら眠り続けて元気を回復したものの、いらついたりふさぎこむことが多くなり、職場をクビになったり4回離婚を繰り返した。

ショートスリーパーになりたいと憧れる人も多いようです。

しかし、エジソンが短時間睡眠でも大丈夫!と語っていた割には実際に観察すると横になる時間が多かったりしたそうです。

睡眠不足は事故にも繋がりやすく、本人が気がつかないまま脳が数秒間居眠りをすることも。

睡眠時間が短くても大丈夫ではないようです。概ね、7〜8時間の睡眠が必要。

高校生も、睡眠不足の生徒が多いような気がします。心配…。

睡眠が学習に与える影響

「学習には睡眠が不可欠」

エビングハウスが行った実験は、片方のグループには朝のうちに単語リストを渡して夕方その記憶を調べた。

もう片方には、夜に単語リストを渡して朝その記憶を調べた。

片方は昼間に単語を記憶し、片方は夜眠っている間に記憶したのである。

結果は、実験中眠る時間があったグループの方が、はるかに多くの単語を記憶していた。

言い換えると、夜の間に繰り返し単語を聞かされても人の記憶には残らないが、昼の間に取り込んだ情報を蓄えるために、眠りは不可欠なのだ。

ついつい、テスト前はたくさん覚えねばと徹夜したりそれに近い睡眠時間になってしまったりしますが、それでは学習の定着は難しいようです。

昼間の少しの仮眠でも記憶定着の効果はあるようなので昼寝もすすめられていました。

夢を覚えていますか?夢に解決策あり。

カリフォルニアにレディング・アカデミックセンター教授グレゴリー・ホワイトは、リラクゼーションによって問題解決能力が上がったと考え、参加者に

「いま、気になっている個人的な問題」

を8つ書き出してもらった。

そして参加者の半数には夢を見たあとに、もう半数にはリラクゼーションのエクササイズをしたあとに、自分の問題を解決するための方法をたずねた。

この方法を10日間続けると、参加者達の問題解決能力が上がり、悩みも軽くなった。

そして夢の中で問題解決を試みた参加者の方が、リラクゼーションのエクササイズを実行した参加者に比べ、問題を解決できる割合が高く、ストレスも大幅に減っていた。

夢に人生のヒントがあるなんて、本当に「夢」みたいな話ですね。

もし、自分の夢で問題を解決したい場合は、

  • ベッドの脇に紙、鉛筆、電気スタンドを用意し、自分が抱えている問題を書き出し、その問題に関連するものをベッド脇のテーブルに置く。
  • 解決法を手に入れると自分に言い聞かせる。
  • 朝、目が覚めたら夢の要点をメモ。一週間経って夢を思い出し、役に立ちそうなものはあるか考える

これらを読み、夢を見た時にメモできるようにペンを布団横に置いてあります。しかし、残念ながらまだメモできた日がありません。。

しかも、明晰夢という、自分が夢の中にいるという自覚を持った夢の中で運動などのトレーニングをすると、なんと運動能力が向上するそうなのです!!

明晰夢、一度は見てみたいものです。

睡眠の質を測り、記録するアプリをご存知ですか?

スリープサイクルというアプリで眠りの質が測れるとのことで、一度手放していたアプリを再度ダウンロードしました。

スマホは寝床に置かない主義なんだけど…。

起きたい時間を設定すると、覚醒に近くなった時にアラームを鳴らして心地よく起こしてくれます。

電源をつなげて画面を下にして置くように指示があります。私のお布団から電源は遠いので、コードは繋げないで置いてますが満タンに近ければ特に問題なく作動します。

マイクから寝息や寝返りなどを拾って記録してくれているようです。

真夜中に子どもに起こされたりすると、覚醒後の眠りも浅くなり、眠りの質が悪くなります。

5日経つと統計が出るようになりました。

sleepcycle sleepcycle

まとめ

昨年、やっと下の子専用の布団を購入し、それ以来子どもに起こされることはかなり減りました。

育児中のお母さんは、子どもが離乳しても、「お茶か欲しいとせがまれる」「体調不良で吐いた」

など、睡眠が取れなかったりいい睡眠が取れない時が多いようです。

この本でも、なるべく子どもと一緒に寝ないこと、寝る、セックス以外のことは寝室でしないようにと書かれています。

家事が終わらないからと、とりあえず子どもと寝落ちして真夜中に起き、明日の食事や洗濯をする…という働くママ友が何人もいるので心配してしまいます。

とにかく、無理は禁物ですよ!

うまく睡眠を自分の味方につけて、「学習の定着を促す」「夢に解決策を教えてもらう」ようにしたいものですね。

ではまた☆   

スポンサーリンク
cat

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!