【何事も楽しく取り組めることが大切!】本・自分から勉強する子の親がしていること

 

カリスマ家庭教師が1000人の子どもに接した経験から書かれている本です。

自分から勉強する子の親がしていることって…何でしょうね?

もっとも簡単で効果のある方法は、「お子さんの隣に座って一緒に勉強する」こと。

なにもしていなくても、親が隣で座ってニコニコしているだけで子どもにとってずいぶん心強いでしょう。

忙しい場合は、始まりと終わりだけでもOK。

なるほど!メモ

一番大切なこと

楽しく勉強すること。
勉強って面白い、と思ってもらうこと。

問題が解けることや学力を目的にしてしまうと、できないことや覚えられないことを責めてしまいがち。

できなくてもオッケー。
という親の姿勢が何より大切。

子どもに、間違えてもいいんだ、ということを分かってもらう。

勉強なんてきらい!と言われたら?

「勉強なんてそんなもんだよ」
「私もそうだったよ」

なんて答えていませんか?

「私は好きだよ」
「嫌いなのによく頑張ってるね」

と答えてあげたいですね。

大人が子どもを勉強ぎらいにさせている?

おとなからのマイナス感情の植え込みによって嫌いにさせている。

「何でこんな問題もわからないの?」
「勉強しないと大変なことになるよ」

勉強にプラスの感情をつけてあげることは、子どもの人生をより良くするうえで非常に大切。

目的と目標

目的は、何のために勉強するのか?
目標とは、勉強してなにを得るのか?

目標ばかり追いかけていると、受験に失敗しただけでこの世の終わりのように感じてしまう時がある。

そもそも受験までの人生より受験後の人生の方が何倍も長いのですから、取り戻せないわけがありません。

子どもが中学生以上になったら、勉強に関しては親が関わらない方がうまくいく。

考える→決める→やる→責任を取る

子どもの成長に合わせて、どれも親が手を出すのではなく手放していく。

求められてもないのに口や手を出すと余計なトラブルの元。

子どもに失敗の経験をさせてあげて欲しい

学生時代は安全に失敗ができる時期。
学校や地域に守られながら、安心して失敗ができるときなのです。

失敗自体より、そこからなにを得たのかが重要。

終わりに

この先生のサイトを見てみました!

フリーの家庭教師の相場ってこんな感じなのか〜〜。

週1、60分で月28000円…。これだけ有名な先生で時給7000円は安い方なのでしょう。
週4、120分だと、22万円!!!何か、別のものが買える気がします。車とか??

これだけお金かけてるんだからね!!

と、言ってしまいそうです。
逆効果…。

読んでみると面白いと思います。

また、なにごとも楽しむのがとても大事。

最近読んだ、ゆうメンタルクリニックの一万時間のクイズはなるほど…でした。

「1万時間やれば誰でもプロ!~ピグマリオン効果」マンガで分かる心療内科 | 秋葉原/心療内科/ゆうメンタルクリニック秋葉原駅0分 岩本町駅・精神科・東京・カウンセリング

一流選手の多くは、はじめにその競技の楽しさを教えてくれる先生についていて、プロになるための練習が苦では無かったらしい。

楽しいと思えば上達するのか…。

もう、小学校中学年以上になってしまった息子たち。

長男も、未だに「ママ〜〜!」と言ってくるのでまだまだかわいいなと思っていましたが…そろそろそんな蜜月も終わりなんですなぁ。

勉強のいろいろ、今からでも間に合う気がしない。

つい、「この子たちは学習障害があるし」と思ってあきらめモードになってしまっています。「それでもできるはず!」とココロを入れ替えて楽しく接するしかないなぁ。大いに反省しました。

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!