【ストレングス・ファインダーから自分を知る】強みが弱みに変わるとき。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-0I9A350615032140wakaranai-thumb-1000xauto-18998

いま、忙しく仕事もまあいつもの通りうまくはいかず。子育ても悩みの中です〜。

自分にも、我が子達にもOKを出すことができません!!

なんでだろ???

「まずは、自己を理解し、乗りこなすことが大事」と先週乗り勝間さんのサポートメールにも書かれていました。

自分への理解がまだまだだと感じています。

今回はストレングスファインダーの強みをきっかけに、考えてみました。

私の強みは、

1.着想
2.自我
3.アレンジ
4.学習欲
5.回復志向

強みはうまくいくこともあれば、不全感といってネガティヴな方向に働くこともあります。

いま、不全に陥っているのは回復志向がネガティヴな方向に向かっているからかも?と思いまして、

「回復志向 強み」

で検索したところ、こんなブログに出会いました!!

さあ、才能に目覚めよう ファンサイト〜やえばの才能研究所〜

ストレングスファインダーの本から一歩踏み込んだ内容になっています。
自分の持つ強みの分析を見て、
「そうは思わない」
と感じる記述もなくはないです。でも、かなり参考になります!

強みは弱みにもなりうる。
もともと下位の強みは、弱みにもなり得ないと思っています。

役に立つパターンと不全のパターンの代表的なものをブログを参考に挙げてみました。

着想

・独創的
・頭の回転が早い
・逆境や理不尽な状況に強い

・アイデアが突飛すぎて押さえ込んでいる人が多い

#逆境や、理不尽な状況に強いとは思わないな…。
アイデアは、「論理的ではない」とはねられる事が多いので普段は直感的なアイデアは押さえていることが多いし、「なぜ、そこに行き着いたのか」というプロセスをすっ飛ばしてしまうので説明不足になってしまうことが多いです。

自我

・誰から見ても認められる仕事を率先してやる
・認められたいという強い願望があるので、常にエネルギッシュ
・後進にも積極的に関わり、頼れる存在

・地味な仕事を嫌がる
・認められないと不全感が強くなり、何もできなくなる
・自分がいかに偉いか説明し出して、実際の行動が伴わない
・自分を認めてくれる人だけと付き合い、視野が狭くなる

#自我は、不全感が出やすい資質ともありました。どんだけ自分が好きなんだよ、と思われそうで、自分はあまり好きな資質ではありません。ごめんね自我!
「不全感を感じたら、人の役に立つことが正解!」
ともあり、なるほどと感じました。

アレンジ

・仕事が早い
・得意な人に仕事を割り振るのがうまい

・仕事自体は楽しまない
・自分から仕事を作り出すことはない。受け身。

そ、そうなんだ…。
受け身な資質ってビックリしたけどその通りかもしれない。
チェックリストや事務作業を好むのはこの辺りから来ているのかもしれません。

学習欲

・学ぶことが好き。その姿勢で組織を引っ張る
・本やマニュアルから解決策を見つけられる

・勉強しすぎて実務が圧迫される
・勉強が目的になってしまい、生活に生かされない
・本やマニュアルで解決しようとする
・まずはやり方を勉強しよう!となってしまう

#これも、ある意味困った資質。
本読んでる暇があったら子どもと向き合え!!
その本には、目の前にいる子どもや仕事のことは載ってないんだよ!!
…本を読んで仕事がうまくいったた試しがないです。当たり前!
「おかしいな、この本の通りにやってみたんだけど…」
何度同じ過ちを繰り返せば済むのでしょうか?
学んで、何かに活かせた試しがあっただろうか??

回復志向

・問題発見と回復が早い
・今までできなかったことにどんどん挑戦するので仕事の幅が広い
・変わりたい!と思う願望がある

・いろんなことに挑戦するが、だいたい回復したと思ったらやめてしまう
・ものごとの悪い面を見つけてネガティヴになりすぎる
・足りない面を見ては愚痴が多くなる
・問題が多すぎて前に進めない

#改めて回復志向の項目を読んでみて分かったことは、
・基本、マイナスからのスタート、0に戻すことばかり考えています。
・相手の良い面を見つけること自体が自分にとって難しいこと
・おせっかいな部分は悪くはないと思っている
・飽きっぽいのは着想のせいだとばかり思っていたが、回復志向も「ある程度回復したと思ったら、次の凹みが気になりそっちに行ってしまう」とあり身に覚えが…。しかも、得意でないことを趣味に選んでしまう。じゃあ、どんなことが得意なんだと言われたらまた考えてしまうけど。
・パートナー選びでダメ男を選ばなかっただけ偉いぞ自分!

つらつらと書いてしまいましたが、結論?としては

ネガティヴなときもそれぞれ人によって落ち込み方が違うのかも

ということ。

世界のは見え方は人によって違いますよね。

成長促進はとても下位の資質なので、
「子どもが可能性の塊に見える」
ようにはなりません。

「どうすれば子どもの良いところを伸ばせるか」
よりも、
「どうすれば子どもの出来ないところをゼロにできるか」
が気になってしまう!!!

いやー、困ったもんです。。。

もともとネガティヴなんだ!!

と思えば大丈夫?

心療内科にかかるほどではないと思うけど、少し痩せてしまった…。
食べてるハズなんだけど!

認知を変えればいいんじゃないかとも思ったけど、もともと持っている強みによっては限界があるような気がしています。
それでも、舵をとるのは自分なんですよね。

弱みを強みに戻して、毎日を楽しく過ごしたいです(´Д` )

強みを知りたい方はこちらの本にあるコードを使えば大丈夫。間違っても中古本は買ってはダメです!

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!