【今年オープン!一日中ゆったり】白馬紀行その4・北尾根高原

2.4日目は、宿から一番近いリフトからお邪魔できる北尾根高原へ。

北尾根高原 | 白馬八方尾根

今年からオープンした、できたてホヤホヤのスポットです!!!

1200メートルと、標高はそれほど高くないものの、人が少なくてゆっくりできます。

しかも、スタッフは多め!!

子どもたちがものすごくお世話になりました。

北尾根のクワッドリフトから、気軽に登ることができます。

レストラン

北尾根高原のレストランでは、先日見かけた放牧された牛の牛乳を使ったソフトクリームを頂くことができます。
こちらは、ソフトクリーム入りの抹茶フラッチェ。

これは贅沢です!!!
外でランチすることもできますよ!

北尾根温泉

外には、北尾根の湯という温泉に入ることもできます。2.3人入れるくらいの小さなお風呂だそうです。

スキーの季節は、もちろん閉まっています。

足湯は無料。

子どもたちが、ミニプールで遊んで寒くなったらまた足湯につかる…を繰り返していました。

極楽!ハンモック!

タープ、テーブルとイスのほか、デッキチェアやハンモックが数個、並んでいます。

ハンモックが…極楽です…!
木にくくりつけるタイプでなくても、こんなに気分のいいものだったんですな〜。

家に買おうかと一瞬血迷ったくらいです。

まあ、もし買ったとしても子どもたちの誰が使うのか喧嘩になって終わるよね…。トホホ。

ボートのミニプール!

冬は雪の上を滑るボートだそうですが、水を入れてミニプールにしているそうです。

水鉄砲や釣竿が用意されていたので子どもたち大喜び。
娘は、4日目に遊びに行く時に水着を持っていくと聞かず、許可もらって思う存分水遊びを楽しんでいました。

羨ましいですな。

体幹が鍛えられそう!スラックライン!

親子でハマったのが、このスラックライン。

ストックを使って歩く分には端までたどり着けるのですが、靴、裸足でも2.3歩でバランスが取れず、地面に落下してしまいます!!!

これは…体幹が鍛えられそう〜!!

30分ほど取り組んでも6歩くらいが限界?!

翌日!いい感じに筋肉痛になりました…。

家に設置できないか、ハンモック同様いろいろ考えてしまいましたよ。

コツが分かれば、うまく歩けるようになるらしいので、願い事手帖にでも、
「いつか、スラックラインを習える」
とでも書いておきましょうか…。
実は、どこで習えるか調べてあります。

ZEROスラックライン

気軽に習うにはちと遠い!

自然観察路

午前と午後の二回、高原の散策ガイドをやっています。

展望台まで行って帰って60分。

ところどころ、熊よけのベルが設置してあります。

散策路に生えている植物の解説がとてもわかりやすかったです。

似たようなシダでも、胞子が葉の裏にあるもの、別に生えているものなど。
知ればまた見る目が変わってきますね。

展望台からの景色は、晴天だとまた違うようですが、これでも充分です!!

冬はここまで下りることはできないので、夏だけの景色ですねぇ〜。

こちらは蛇紋岩。もろい性質なので、アクセサリー作りも行っているそう。

植物園はまだ開発途中。

地質を理解している先生のご指導のもと、土を耕し、麓で育てた苗を植えているそうです。

池には二種のおたまじゃくしが泳いでいました。

11月1日までこのリフトは営業しているそうです。

本日の発見!

北尾根高原、スタッフさんが多くて子どもたちが沢山遊んでもらってとってもお世話になりました。

冬はスキーのインストラクターさんだったり、リフト券の受付をされているそうなので覚えていたら声かけてみよう!

近所だったら毎週通うのに…やっぱり、施設も「人」大事ですねぇ~。

白馬にお寄りの際はぜひに〜♫

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!