【5歳児でも登れる!片道1時間で楽園】白馬紀行その2・八方池

白馬滞在の2日目は、八方池までのトレッキングと、北尾根で休憩しました。

【ゲレンデに牛の放牧、緑、星、カブトムシに感動☆】白馬紀行・その1

詳しくは、こちらのガイドをどうぞ。

トレッキングガイド | 白馬八方尾根

まず、コンビニでお昼ご飯を購入。
お昼の後も、どこかで甘いものでも食べるだろうということで軽めにしました。
飴やお菓子は疲れをとり、子どものモチベーションを上げるためにも必須です。

9時過ぎに黒菱の駐車場へ。
すでに車がたくさん停まっています!

ここで日焼け止めを塗ってのぞみました。
それでも、やはり半袖で過ごしたら塗りそびれたところがかなり焼けてしまいました。

最近のトレッキングでは、ランニング用品が大活躍。
千畳敷カールのときも使い回ししました。
サングラスからランタイツ、シューズまでジョギングの道具のまま。
しかし、今回忘れたアームカバーは必須でしたね…。

 

リフトは2本を乗り継ぎます。往復大人1120円。
スムーズに乗れました。
が、その先が混んでました!お盆の日曜だから?
宿の方にその話をしたら、「お盆のど真ん中は渋滞が起きて列が進まないくらいになる時もあるよ」
とのこと。まだ空いてる方だったんですねー。

お天気はとても良かったです。
イマイチな場合は、リベンジするぞ!
となるらしい。

 

花もところどころで咲いていて、楽しめました。
名前がもっと分かれば、楽しめたかもしれません。

八方池山荘の売店。
山荘にはレストランがあります。
売店で飲み物やアイスを購入できます。
我々も、水を2リットル持って行きましたが足りず、下山時に1リットルお茶買いました。一本200円。
命の水ですね。ありがたや!!!

尾根道と巻き道を選んで歩けます。
行きは尾根道、帰りは巻き道で。

 

巻き道は雪渓が見えたのでどちらも歩いて正解!
案内表示では90分とありましたが、天気が良ければ休憩入れても60分くらいで着くのではないでしょうか?
我が家の5歳児も抱っこなしで八方池までたどり着くことができましたよ。

やっと八方池につきました。
ここで標高2060メートル。

池に映る山々。

サンショウウオが生息しています。

川から登ってきたのか?!ナゾ。
ダンナいわく、取り残されたんじゃないかとのこと。
うーん、どちらなんでしょう?

お昼を食べて、景色を味わってから下山。
石がガラガラしているところもあり、娘はかなり歩きづらそうでしたが頑張りました!

私は大学生のころワンゲルに入っていて、とにかく安いルートで、ピストンではなく縦走で、予定時刻通りに到着するために山登りしていました。

なので、途中まで車で登って、花を愛でながらゆっくり歩くスタイルになかなか慣れません。

大人になってから、学生時代にしみこんだ方法や考え方が抜けないのはよろしくないです。
子連れなら、子どもが楽しめるルートを最優先しないとね。

本日の発見!

子連れのトレッキングは、

・コースの途中まで車で行ってもOK!
・リフト使ってもOK!
・ピストンでもOK!

お手軽なコースだからか、親子連れも多かったですよ。
もっとお手軽なら、千畳敷カールがオススメです。
ゴンドラ降りれば標高2000メートル越えのお散歩コースですからねー。

【天気に恵まれ、絶景の千畳敷!】駒ヶ根でキャンプ♪その2

今年からオープンした北尾根は、4日目に一日お邪魔したのでまとめてレポートしますね。

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!