【いいお医者さん発見!】鼻血に悩む娘を診てもらいました。鼻血の止め方。

この時期恒例!の、小学生健康診断祭りが始まりました。

一昨年だったっけ?健康診断で「受診のお知らせ」を兄弟2人で5枚揃えた時があったよね…。

5枚って…カードゲームなら、最強デッキ作れちゃうわぁ~!!!!!!!

そして、小学生は2年生以降医療費が無料じゃない地域在住。泣ける。

まあ、ウダウダ言ってもしゃーないので行ってきました。今回は長男の耳鼻科。

「4000HZ、25デシベルが聞こえてないようです」

え~~~~そうなの。

最寄り駅の耳鼻科は、周囲に聞いても「10人中、10人は行かせたくない」位評判が悪いので、今回は隣駅の耳鼻科に初チャレンジしてみました。

ついでに、今回鼻血に悩む娘も診てもらうことにしました。

鼻血の診察

大人になっても、風呂場で急に鼻から血を出すダンナの遺伝なのか、兄弟3人揃って鼻血には悩まされてきました。

夜中に布団が血まみれ、なんて日常茶飯事。朝、シーツの洗い物に涙したことが何度あるか!!

今回の娘の鼻血は、夜中当たり前、朝保育園に行く途中で出るわ、保育園で出るわ、夜くつろいでいる時にも出るわで

「この子、出血多量で死んだらどうしよう(それは、ない)」

と心配になるほど。

診てもらった結果、

・アレルギーの関係で出ることもあるので、5日間アレルギーの薬を出してみます。

・鼻血の止め方(これ、ネットで調べたけどイマイチ真偽の程が気になったので聞いてみた)は、

出ている方の鼻翼を、3分間横からおさえる。または、洗濯バサミで鼻をつまむようにおさえる。

ティッシュを詰めると、ティッシュで中の皮膚がまた傷ついてしまうそうです。

あらら。詰めてましたよ。

耳垢がごっそり

鼻血を見るついでに、長女の耳も診てもらいました。

「この子の耳垢はウェットですね~。中に耳垢がたまっているようなので、取ってみます。」

「痛くないからね。こんな風に吸われても痛くないでしょ?」と、吸引管を手に当てて子どもの恐怖心を取り除きます。

そして…吸引管にくっついて出てきた耳垢…1cm四方位の黒い何かでした!!!なに、このべったりしたの…!!!

子連れで耳鼻科に行ったのが2回めで、こんな体験初めてでした。

長男にはなかったみたいだけど…こんなに丁寧に見てくれるなら、次男も連れて来ればよかったわっ。

長男の聞こえの診察

4000HZ、25デシベルが聞こえてないだと…?

調べてもらった結果、普通に聞こえたそう。

なんだよ~。心配したのに。ただ単に、他のこと考えてただけじゃないの???

更に、鼓膜の形が中耳炎になりやすいそうで、プールの前には一応受診してくださいとのことでした。

そうなんだ…。知らなかった…。

子どもの扱いが上手な、とっても気さくな先生でした。30分待ちくらいで「大変お待たせして申し訳ありません」と事務の方も好印象。

いや、2,3時間待ちとか普通だからね…。

私のアレルギー性鼻炎も診てもらえばよかったかも。

検査結果と実際問題なかったことには少々イラッとしましたが、今回の受診のお知らせをきっかけにかかりつけになりそうな耳鼻科ができて何よりでした♪

家に帰って早速長女の鼻血が!!!

…先生に教えてもらった方法で自ら止血してました。

グッジョブ!!早くよくなれ~!!!

ではまた☆ 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!