【ファッションのお勉強に!】yokoのプチプラ・コーデ術

歌の練習の帰りに本屋さんで見つけて気になり買っちゃいました。

最近はギフト券が使える本屋さんも増えてありがたい。

普段の服の買い物はパーソナルスタイリストの黒田さんにお任せしているのでそんなにプチプラに興味が有るわけではないのですが、日常ですれ違う人の服なんて全然見ないし覚えてないし、ストールの巻き方など幾つか参考になりそうなTipsが載っているのと、体型がかなり近く157cm7-9号サイズということで購入。

ブログからの書籍になります。今回初めてブログおじゃましました。

アメブロファッション部門1位とは!スゴい!一般の人にむけてのコンサルもされているようです。

プチプラコーデ術

 シンプルな解説と写真が中心で、パラパラめくって読んで楽しい本でした。雑誌だといらない情報が多過ぎて、切り取って取っておいても再読しないのが常になってます。。。

オシャレな人が実践している法則が見えてきたような気がしたので幾つかのなるほど!を記しておきます。

<なるほど!メモ>

◆オシャレな人が実践していること

・必ず試着する。
これは黒田さんも同じで、ワンサイズ上下を用意してもらうのは当たり前。

・見せたいシルエットが決まっている。そのためにはメンズのカットソーを買って裾を切ってお直しもする。
服に対するイメージをしっかりお持ちなのでしょう。普段、手持ちの服ですら、合わせるとこうなるというイメージを持てない私はやばいです。
このシーンではこう見せたい、という確固たる信念を持つのが大事だよね。
デキる教師に見せたい、という時はやっぱり気合を入れるべきでしょう。
(と言いつつ、ラクな服を選んじゃうのがダメだなぁ。)

・靴は高くてもいいものを。2万を超える靴を購入しているのでスゴいと思いました。

・アイテムは多そう。ボーダーシャツだけでも10枚は持っているとのこと。

・プチプラでも、毎月の出費はなかなかのもの。月15000円だそうで、私は黒田さんと行けばそれなりの出費だけれど、そもそもそんなに服屋さんを見て回るということがない。

◆それぞれの服の選び方

ユニクロやしまむら、ギャップ、GU、H&Mなどでの服の選び方が載ってました。

ユニクロは値段の割りに高そうに見えるベーシックアイテム、しまむらではロゴTシャツに掘り出し物があるらしい。

ここまで書いてみて、私の近所にはユニクロしかないことが発覚!

しまむらってよほど郊外じゃないとなかったりしませんか?
H&Mは、確か表参道の美容院に行く途中にあったような。一度も入ったことないです。

◆しみがついた服は捨てる?

私もよく、太ももあたりに食べ物や飲み物をこぼすんです…。
で、シミになってガッカリ。
yokoさんには、シミ抜きという強い味方が!

ランドレスというブランドのシミ抜きが良いらしいです。

こぼした箇所に垂らして洗濯機で回すとか。
チェックしてみようかな。

Amazonウロウロしてたら、こちらのほうがレビューは多かったです。

1本は欲しい。

<終わりに>

著者のyokoさんもアパレル業界で働いていたそうなので、黒田さんの服選びと共通するところがものすごくあり、とても参考になりました。

ただ、yokoさん、私とジャスト10歳年齢の差がありまして、本を見て全く同じような服選びするとヤバいことになりそうです。

Amazonのオススメから知った、この辺りの本ならアラフォーが読んだら面白そう?

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!