【夏休みの自由研究に!】造幣局&お札と切手の博物館へ。その1

自由研究ネタです。
奇石博物館に行き、これでは自由研究にならないと悩んでから数日。

過去記事:【石好きな子どもと一緒に♪】奇石博物館で宝石探し!

長男は、「宝石かお金」と譲らなかったので、造幣局で見学ができるか調べてみました。

リンク:

独立行政法人 造幣局 : 2014年夏のイベント一覧(2014年7月28日)


夏休みは、通常見学以外で小学生向け見学会を行っていました。
未就学児は参加できないのが痛い…ですが、保育園にお願いして、長男次男で参加してきました。

場所は東池袋。我が家は大塚から歩きました。
細く、狭い道も多く、スマホのGoogleマップナビが大活躍。ホント助かりました。

こちらが造幣局。
紙幣ではなく、コインのみ作っています。
さらに東京はプルーフ貨幣という鏡のようにキレイなコインと、記念硬貨、勲章だけを作っているそうです。知らなかった!

15分前集合。20分前に受け付けしても間に合いました。
とりあえず、2階のフロアーを見学。

お金の健康診断をしたり…

作られる過程が展示してあったり。

お金の入った袋を持ち上げてみたり。
お札に比べたら、格段に重いですね…。

千両箱も重たくて、持ち運びには不便です。

金塊欲しい!!これで2000万くらいだったような…。

小判の実物を見たり。

重さによって、お金の種類を分けることができます。必ず分類できるのが何度やっても飽きない。

見学開始の時間になり集合。まずは映像で造幣局の仕事を見ます。

その後、実際にコインを作っている過程を見学します。撮影禁止。

コインの型を抜いたり、磨いたり、模様をつけたりして私たちが使っているコインの形になります。

今私達が使っている500円玉は、斜めにギザが入っていて世界ではじめての技術だそう。
500の00の部分にも、偽造防止の模様が入ってますね。

最後に売店に連れて行ってもらい、記念硬貨や、お金せんべいを試食したりしました。
よく磨かれたプルーフ貨幣は、なんと7500円もします。666円分なのに…。
作成の手間や技術を考えると日常品ではなく、伝統工芸品と言った方が良さそうです。
お金せんべいは購入してお土産にしました。

説明してくださった職員の方は、記念写真を撮ってくださったり、ここで働くにはどうしたらいいですか?などの質問にも答えて頂いたりしてとても親切でした。

slooProImg_20140812105700.jpg

また、造幣局内にお札と切手の博物館のポスター発見。お金のこと調べるなら、お札についても知っていて損はないのでは??
調べてみたら、都電で一本で行ける!

お昼ごはんのあと、お札と切手の博物館にも寄ることにしました。

都電荒川線、乗るの初めてかも!!
と、コーフンしてるのは母だけでした…。
子ども達はえーもう帰るんじゃないの?と言いつつ、ついて来てくれました。
君たちの自由研究なんだけど〜。

続きます。

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!