【清流にダイブ!】宮ヶ瀬・唐沢キャンプ場

友人と予定していたキャンプがお流れになってしまったので、家族でデイキャンプに行くことにしました。

海か川か迷いつつ、海はベタベタするし…ってことで川に決定。

【関東】川遊びスポット大全集【場所】 – NAVER まとめ


こちらのまとめを見ながら、水遊びができて比較的家から近いキャンプ場を比較検討。

今まで、幾つかキャンプ場を利用しましたが、道志、青根はデイでは厳しいかな〜。
できれば2時間以内に辿り着けると嬉しい。
奥多摩も候補にあがりましたが、今回は東名厚木から宮ヶ瀬近くにある唐沢キャンプ場に行ってみることにしました。

やっぱり、東名は少し混んでました…。

宮ヶ瀬ダム。

ようこそ唐沢キャンプ場へ


唐沢キャンプ場。
利用料金は大人900円、子ども600円。プラス車の駐車場代が1000円かかります。
デイの相場がいくらか分かりませんが…ちょっと高め?

なんと、今回財布を忘れてしまい、ダンナの緊急用のお金5000円から借りて4600円支払ってあとは何も買えず…。
モノはなければ買えばいいけれど、お金がないと何もできないことを学びました。
いや、今学ばなくていい。

トイレ、水道が整備されていて利用しやすいです。
川のそばに車を駐車できるので、荷物運びにも困りません。

テントではなく、サンシェードが便利です。ペグ打っておけば、風が強い日でもOK。
この日はかなり風があり、タープは軒並み倒れそうになったり不具合が出てました。

しかも、川の水がめちゃくちゃキレイ!!
川底がよく見えます。
そして…冷たい。温泉の水風呂ってこんな感じだよね?夏といえども胸までつかるのに勇気がいります。
この日は平日だったためか、比較的空いていました。

子どもは手前の浅瀬でおたまじゃくしを採ったり、浮き輪で浮かんでみたり。
流れがあるので、基本流されていきます。
長男はスライダー状態で、何十mも流されて行きました。

流れが急なところは、大人は浮き輪からはみ出て足に石が当たって痛い!
そうそう、裸足で歩くと石が当たるのでビーチサンダルを履き続けてもらいました。

岩からダイブしてもOK!
私もチャレンジしましたが、高さ1mでも怖いです…。
3mくらいからダイブしてクロールで岸にもどっているお兄さんに心から拍手。

ライフジャケットは必須。周囲のお子さんもみな着用してました。
我が家は釣具屋で購入しました。
泳ぎができない長男もライフジャケットのおかげで胴が浮いて犬かきできてました。

お昼は、そんなに頑張らなくていいという方針のもと、肉と野菜とカップ麺をカセットコンロで。
普段カップ麺食べないけど、外で食べると美味しいね。
風を除けたりできてそれはそれで良かったような。

今回は水遊び中でもスマホで写真が撮れるように、防水ケース持って行きましたよ!

水中で撮ると…

水中だとシャッター切れないと思っていたら、プラスボタンでもシャッター切れるんですね。
知ってたら、シュノーケリングでも魚撮れたのに…次回からそうする。

早めに上がろうかなんて言っていたのに、結局10時から16時半までがっつり遊んでしまいました。
天然のプールは、自分たちで工夫のしがいがあってこれはこれで楽しい。

そして、夕方の帰宅渋滞にまたはまる…トホホ。

厚木市街からもまあまあ近いので、買い物なども不便しないと思います。
丹沢方面のキャンプ場は、開拓したら他にもいろいろありそうですね。

そのうちまた、テント泊キャンプもしてみたいなぁ…。

キャンパーのみなさま、オススメのキャンプ場がありましたら教えてください♪

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!