【コスパ良し!モチベーション上がるぅ〜!!】本・断捨離BASIC

51po5Dt63RL._SL500_AA300_

年末年始に流れてきた記事で紹介されていました。

持ち物全てを一度に見渡せるくらい”断捨離”して、「家の中で物を探す時間」をなくす。 – 僭越ながら

この記事を読んだだけで捨て魂に火がつき、ゴミ袋何袋か捨てられました。

ムックもお安いし、さらにモチベーション上がりそう!とポチ。

…こうして、家にまたモノが増えていく訳ですが…。

初めて手にした断捨離シリーズ。
この本は、本当にコスパ良かったわ〜!!

巻頭は、汚部屋脱出に成功した3名の紹介があります。
すごかったのは、ビフォーとアフターを載せている方。

ビフォー、片付け中かな?と思いきや、普段の暮らしの様子とのこと。
階段にモノが…いくつも同じものが…ダンベルなど…。

50Lのゴミ袋400袋分捨てたとか…。

<なるほど!メモ>

◆服との付き合い方

著者のやましたさんのクローゼット断捨離。

「私は洋服って食べ物と同じだと思っているんです。旬のものが一番おいしい。だから、毎年新しくてしかるべき。もちろん定番もあります。食べ物で言えば白いごはん。そのごはんだって おいしいでしょ?」

「(ばっかり食いについて)私は洋服も同じだと思う。つまり、その時の”気”を補うもの、その時のエネルギーの高いものを厳選して着回す」

結局、服を49着断捨離しました。

ワンピースがワンシーズ3枚あればなんとかなるというやましたさん。

「同じ服ばかり着ていると恥ずかしい」という意識は、
「私はこの服を気に入って着ているんだと思うことで意識の転換ができて全然平気に」

#いつも同じ服を着てしまう、バリエーションの少なさがコンプレックスでしたが…そうか、そんなに悩む必要無かった?と自分への呪いを解いてくれた言葉です。

ファッション誌では良くコーディネート特集が組まれ、バリエーション多いことが素晴らしいと言われます。
でも、そんなにコーディネート覚えられないんだよね…。

最近ワンピース好きなので、その辺りも親近感湧きました!

服に限らず、一生モノを求め、買い物を極力しない生活に憧れますが…
買ってみないと使うかどうかもわからない訳で…
一生モノは無い!
と適度に買い、使って手放すのがいいのかもしれません。

◆日本の収納・片付けブーム

1995
「収納と整理」近藤典子ブーム
収納名人、収納グッズがブームに。

2000
捨てる!技術
ものがあふれるデフレ時代を背景に、新視点の登場!

2009
断捨離シリーズがブームに

#私も読みました!近藤さんシリーズ。
あの頃はネットも無くて、手放したものをもう一度手に入れることが今よりも数段難しかったですね。

モノは捨てず、どれだけ収納グッズを使いこなせるかを考えて片付けしてたなぁ。
一人暮らしの押入れはパンパンでした。

捨てる!技術も読みましたが、片付けに火がついたのはときめき本でしたね〜。

なんにもない!もモチベーション上がった!

金子さんの暮らしにも憧れます。

◆池田さんの片付けられない女っぷりがすごい

コミックエッセイの一部を掲載しています。

ものが増える→棚を買う

を繰り返し、最後には棚23個、購入・処分に費やした金額は34万円!

「いざ要る時にアクセスできなかったら 持ってないのとおんなじじゃん」

#上記の言葉が一番印象に残りました。

そう、ものが多すぎて、いざという時に見つからなかったら意味ないから!

予備を持つことをやめました。

◆私がコレを手放した理由88

・毛玉クリーナー
わざわざ毛玉をとってまで着たいと思えるほどの大した服がなかった。

・母の手編みセーター
まだとってたの?と母にあきれられた。

・大量の雑誌、生写真
そのアイドルと結婚できるわけではないと自分に言い聞かせながら。

・高校時代にもらったラブレター
私が今、心を寄せるベキ相手は、思い出ではなく夫とかわいい子どもたち!

#片付かない理由は、
・現実逃避
・未来不安
・過去執着
があるそうです。
確かに…。
モノとの付き合い方が、自分の思考・行動と結びついているとは面白いですね。

できれば、思考の主役を「自分」に、時間軸を「今」に合わせたいものです。

<まとめ>

この本でまた保留だったモノの処分ができました。

・ノートPC

PCが壊れて買い替え半年以上経っているのに処分方法を調べていませんでした。
調べたところ、処分料がかからないサービスを発見。

パソコンの処分、廃棄をするなら送料無料のパソコン回収.com

個人情報も消去してくれるらしいという紹介記事を読み送りましたが…大丈夫かな…。

どうしてタダなの? 「不要なPC、無料で回収」の“その後”を追った – ITmedia ニュース

利用する時は自己責任でお願いしますね。

・ヘルメット、壊れたミニ扇風機

ダンナの捨て魂にも火がつき、中のスポンジがボロボロになってしまっていたヘルメット、水槽を冷やすために使っていたミニ扇風機をゴミに出すことにしました。

これで、だいぶ探し物が減るかな…?

捨てられないわ〜と悩む皆さま、ぜひ読んでみてください!

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!