【苦手に取り組んだ結果は…?】視覚発達支援センターの定期健診でした。

20121010095357

新浦安にあるかわばた眼科、視覚発達支援センターにて、半年に一度の定期健診でした。

視覚発達支援センター

過去記事リンク↓

【視る力とは?】視覚発達支援センター、かわばた眼科に行って来ました。

【具体的なアドバイスに感激!】視覚発達支援センター、かわばた眼科の検査その2

【発達凸凹息子の家庭での支援】聴覚・目と手の協応の課題に取り組んでいます。

【訓練のおかげ?】長男、視写がうまくなる。聞く力は弱い。

前回の10月の検診では、目と手の協応、聞き取りの力の弱さなどが指摘され、この半年間家庭でコツコツと課題に取り組んできました。

長男も頑張り、◯×迷路、マスコピー、点つなぎ、きくきくドリルと全て終わらせることができました。
振り返るとスゴいじゃない?

アットスクールおすすめ教材ショップ/商品詳細 マスコピー  レベル1

個人的に嬉しいのは、公文より何よりお金がかからないことだったりしますが…。

さて、検査。

苦手なものを中心に検査。10分くらい。
マスコピー、図形や迷路をはみ出さずに書くことなど。
結果は、全て平均値内におさまりました。

先生曰く、
・訓練のおかげ
・薬(コンサータ)のおかげ
・お母さんが横にいたから
複合的なものかもしれませんとのこと。

視覚認知的な問題は特に無いようなので、耳から聞いた情報を記憶したりするワーキングメモリーの方が問題かもしれない。
ということでした。

じゃあワーキングメモリーをなんとかするにはどうしたらいいのか?

「某大学の某研がメジャーなんですけど、解決法がiPad使うとかで、苦手をなんとかするというよりはツールでなんとかしましょうって感じなんですよね」

とのこと。
ワーキングメモリー関連の課題では、

論理エンジン

がメジャーのようです。
こちら、発達に問題ないお子さんの国語力を伸ばすのにもすごく良さそうで、Amazonレビューでも絶賛されてます!

あとは、ことばの教室に専門的な先生がいらっしゃれば相談して教材を教えてもらうのも良いかも、とのこと。

以前長男を見てくださっていた先生が専門なので、今度相談してみようかしら。

もちろん、きくきくドリルもオススメです。

ただ、長男の場合は頭で覚えるより、体感的に覚えるタイプなのかもね、とのこと。

とりあえず、取り組んだ課題は報われていたので良かったです。

やっぱり、若いうちは脳の可塑性があるのかな。
「できないものは仕方ない」
という考えが多少なりともあったので、こんな風に克服できると考え方を改めたほうが良さそうです。

仕事で関わる子ども達は、苦手をそのままで来ている子が大半で、どうしたら良いのか…個人でできることが限られていて、諦めモード。

欧米では、苦手なまま、ありのままでいいじゃないかという教育はやはりマズいとのことで大学などを中心に学び直しをする動きがあるようです。日本もそういう大学が増えているような…。

日本では、学校でしっかり学力をつけるという発想がそもそも無くて、学力は塾で…日中のいい時間が本当に勿体無い!と思うのは私だけでしょうか。

次回は、こういった課題をせず、薬も飲まず半年後にまた見て頂くことにしました。
一年後だとまた一から検査(15000円。半年だと3150円)らしく…うまいなぁ。

それまでにWISCを取っておくとデコボコがどう伸びたかわかるとのこと。
就学前に取りっぱなしのWISC、丸二年経つのでもう一度取ってみてもいいかもしれませんね。

医療期間だとお金がかかるので、療育センターでお願いすると良いと伺いました。

この調子で、日常生活でも気にならないデコボコくらいになるとこちらも心配が減るのですが。

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!