ブーツのかかとが減ってしまった!リアットで見積もり出して修理しました。

みなさんは、靴のメンテナンスどうされていますか?

スポンサーリンク

気に入ったブーツ、履きすぎてこんなことに…!

私の場合、今まで安いヒールスニーカーを履いてたり、フォーマルタイプの靴はろくに履かないのですり減らなかったりで特にメンテナンスを考えたことはありませんでした。

が、パーソナルスタイリストの黒田さんと3年前に購入したブーツのかかとが…気がついたら本体まで減ってしまいました。

ガーン。さて、どうしましょう。ちなみにお値段は、オリエンタルトラフィックで9000円弱。

うーーーーん、でもまだまだ履けそうです。

私のような、ふくらはぎがししゃもでも、チャックいらずの貴重なブーツ。

我が家のそばには靴修理店が見当たらなかったので、職場近くの靴修理店に見せに行ってみました。

本体まで減ったかかとの修理代はおいくら?

リアット!公式サイト|靴修理、靴クリーニング、バッグクリーニングならリアット!。

状態を見てもらったところ、

「かかとのゴム交換は1500円、本体のすり減りは追加で1000円、合わせて2500円」

あああ~、本体まですり減らさなければ1500円で済んだのね…。

「ごみを減らすためには3R(リデュース、リユース、リサイクル)+リペアも大事です!」と授業でも教えているので修理お願いすることにしました。

みんなは靴のメンテ、どうしてる?

SNSでこのことを書き込んだところ、

  • 靴の値段が安いと捨ててしまう
  • 気にいる靴に出会えないので5000円以上かけて8年くらいはいている靴もある
  • ブーツのゴムを直して5000円だった
  • 8年履いているブーツは洗浄もしてもらっている。クリーニング店でメンテナンスできるよ。近所に靴修理店がない場合はなじみのクリーニング屋で聞くとたいてい受け付けてくれるのでは?
  • メンテナンスしている派。前側がツルツルしている靴も多いので、履く前にゴムの滑り止めをつけてもらっている
  • 予防で、買ったらすぐにミスターミニットでかかとにゴムをつけてもらうようにしている。

なるほど~。長く履ける靴は、お値段も張るのかしらん。

個人的には安い靴、スニーカーを履きつぶしてしまうことが多いです。値段の高い靴がはきやすいとは限らないので…。

でも、もう少し長く履けそうという観点で選んでみてもいいのかな。

中1日挟んで戻ってきました!

これで、また安心して履くことができます。

どんな靴が予防に適してるの?

ちなみに、最近履き始めたセールで8000円の靴のかかとも心許ないので、予防的に底を貼った方がいいのか聞いてみました。

「こういうゴム底の靴は、かかとのゴムが減った時点で持ってきてくれれば大丈夫。底が皮の、ツルツルしている靴は滑りやすいのもあって先に貼るといいですよ」

とのことでした。

こんな感じに。

今度は本体まですり減らさないようにする!!そして大事に長く履けるようになりたいです。

ではまた☆

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!