【エスカレーターを階段にすることから】本・脳を鍛えるには運動しかない!

またもや勝間さんのオススメ。
もうピークをすぎていたのか、図書館ですんなり借りられました。

私、運動がとても苦手でキライ。
子どもの頃から体育の時間が憂鬱。
スポーツテストの成績も散々。
休み時間に外に出て遊べという決まりにも反抗してました。
ドッチボールをはじめ球技が特に苦手でしたねぇ…。
今はジョギングしていますが、タイムが短縮される兆しは一向に見えません。

と、恨み言で記事が埋まりそうですが、運動が脳にとてもいいんだって。

脳を鍛えるには運動しかない!って、もっと早く知っておけばよかったです。

【なるほど!メモ】

◆0時間めに運動の時間を入れた学校は学力が上がり、肥満がほぼいなくなった。

運動が生物学的変化を引き起こし、脳のニューロンを結つけることが分かった。

◆うつ病の治療に取り入れたところ薬が必要なくなり、ADHDの集中力を持続させるためにも運動が必要。

うつについては、週3回程度、一回につき1400kcal消費したグループがうつの度合いを示す数値が半減した。

1400…結構多いな…。

ADHDの子どもは、同年代の子どもと比べても明らかに活発。

それでも、さらに定期的に、さらに多くした方がいい。学校や仕事に集中しなければならない患者には、毎日の運動を習慣にすべき。

こちらは有酸素運動を30分程度。

受験のためにスポーツを辞めることも多いようですが、それは実は間違っているのかもしれません。

◆女性ホルモン関係のトラブルにも効く!妊娠中、PMS、更年期など。

さらに、閉経に近くなると起こりやすくなる心臓や糖尿病、乳がん、認知機能低下を予防する。

また、閉経にともなて体に不快な症状が出ると、気持ちの方も落ち込んでくる。この点に関しても運動に効果があるのは間違いない。

この章を読み、マドレボニータって産後うつにも効く、無理のない運動を普及している素晴らしい活動なんだなと改めて感じましたよ!

Madre Bonita

◆これまで運動していなかった人は、エスカレーターを階段にすることから

ウォーキングからでOK。
歩数計を使い、一日の歩数を1万になるよう歩く。
いきなり高強度の運動を始めないこと。
継続が大事。

この本で一番いいなと思ったのは、体育の授業をいくつかの種目から選べること。

「この学校で教えているのはスポーツではなく、フィットネスについてである。」

「体育の授業を通じて自分の健康を観察し管理する方法を教えること。」

好きな種目を選べば運動も好きになる。
逆に、嫌いな運動では効果も半減するとか。

「体型がスマートでも運動が苦手な女の子に心拍計をつけた。数値を見て驚いた。女の子は遅いながらも全力で走っていることがわかった。いつもなら、その子のところに行って、もっと真剣に走らなきゃ、と注意していた。教師がほめてやらなかったせいで、どれほど多くの生徒が運動嫌いになっていたことか。実際のところ、体育の授業であの女の子はだれより頑張っていたのです。」

心拍計で全力で取り組んでいることも分かるので優劣をつける必要もない。

「24歳以上の大人でチームスポーツを楽しんで健康を保っている人は3%もいない。そのために少人数チームのスポーツをはじめた。この学校では、コートの正規の大きさにはこだわらず、どんな運動をしたとしても、どれだけの時間、目標心拍数に達していたかによって成績がつけられる。」

日本の体育教育も生涯教育…フィットネスの考え方を早く取り入れて欲しいです。

って、結局教育関係の記述に目が行ってしまう私でした。(職業病だね…)

ではまた☆

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 体育の授業のときの憂鬱さ、同じ!!と思いながら読みました。
    ドッジボールも「人にボールをあてる」ってのがほんとにいやでいやで…。でも、この本のことを知っていて、体育も相対比較でなくて、自分がどれだけがんばったかで見てもらってたら楽しかったかも。
    大人になって運動をしたいと思ったのは、好きな運動を選べることと、評価されないということでかもしれませんね。

    • akiikoさん
      体育のユウウツさ同じですか!ほんと、語ると長くなりそうです。
      人に当てるゲームっておかしいですよね?!平和主義でお願いしたいです。
      運動神経がいい人が評価されて終わりって体育としてどうなの?もっと評価基準を変えたらいいのにと思いました。大人になって自分のペースで走れるようになり、運動が好きになってよかったです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ぴーたん

    共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!