【怒りっぽい人は損をする】本・怒りのマネジメント術

副題は、

「できる人ほどイライラしない」

ほんと、その通り!

私たちは、物事に対して意味付けをしています。

その意味付けを怒りに向かうようにしない。

「怒らなくてもいいことには、怒らない」
「怒るとしても、表現方法や場所を選ぶ」

大事です。

そもそも、怒る人は自分を客観的に見ることができず、いつも自分は正しいと思っていることが多いです。

ああ、私のこと…!

怒る人は、病気になりやすく、傷の治りも遅く、長生きできないそうです。

また、人からの信頼を一瞬にして失うこともあります。

そうならないためにはどうしたらよいか、以下のようななるほど!がありました。

【なるほど!メモ】

◆たった1日、怒らないと決めるだけで変化が!

いつも怒っていた部下に、話を聞く体勢を取ったところ、お互いに耳を傾け合うようになった。これは返報性の法則。

部下からも信頼を得て、周囲に自然といい変化をもたらすようになる。

◆怒りはアレルギーに似ている

アレルギー反応を起こす物質でも、起こす人と起こさない人がいる。それと同じ。
あなた自身がどう捉えるか。

◆対処療法と体質改善がある

対処療法は、怒りのレベルを数値化する。数を数える、携帯の傷をじっと見るなど。
体質改善は、アンガーログをつけることで、自分の持っているこだわり=コアビリーフや時間帯、場所などの傾向がわかり、客観的に自分を捉えられるようになる。そうすればしめたもの。

◆言葉にしてはいけないこと

「べき」自分に取っての当たり前を押し付けることになる。
「あなたは○○だ」とレッテルを貼らない。言われた方もいい気持ちがしない。
相手のことを決めつけてしまうと、欠点ばかりが見えるようになってしまう。
他に、「いつも」「なんで」などがある。

◆自己開示と、相手のログをつけること

自分はここがコアビリーフ、と伝えておけば余計な摩擦をうまないで済むときも。
相手のログをつけると、どういう言葉や状況が地雷なのかよくわかるのでこちらも怒る状況を減らせる可能性が高い。

というわけで、頷くページが多かったです。
「自分が正しいと思うこと」すでにわかっている部分もあるので気をつけます。
「あなたは○○」これ、私は言われると嫌な言葉の一つです。身近にもいて、「この人、私のことそんな風に思ってたんだ」と思うこともしばしば。でも自分も多分言ってるんですよね。気をつけます。

気軽に読めるので、オススメ~!

ログの付け方は、こちらにも詳しいです!

ライフサプリ:日経ビジネスオンライン

 

自分がどういうことで怒りやすいかを知っておくと、回避する手だても考えられます。そのために私が勧めているのは、怒った時の記録「アンガーログ(怒りの記録)」をつけてみることです。日記や手帳に記入してもいいですし、専用のノートを作ってもいいでしょう。いずれにしても、アンガーログには以下の項目を記します。

(1)怒った日時
(2)怒った場所
(3)怒るきっかけとなった出来事
(4)その時の自分の言動
(5)相手にしてほしかったこと
(6)怒ることで起こった結果
(7)その時の自分の感情
(8)10段階での怒りの強さのレベル

実際につけている方のブログ。よかったらこちらもご一読を。

アンガーログの書き方|~子育てママのゆるゆるローフード生活~ |Ameba (アメーバ)

ではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!