【子連れスキー旅行記①】10月上旬からプラン企画でも遅かった!

この3連休、保育園の友人家族4組でスキー旅行に行ってきました。

6666415889_86643db20b_m

今日が仕事なのがホントに残念!な位楽しかったです。

子連れスキー旅行レポートをアップする前に、どんな風にプランを練っていったのか記しておきます。

スポンサーリンク

スキー計画は10月上旬から・・・それでも遅かった!

元々、保育園の飲み会で意気投合したパパ友が中心。
飲み会でプランが浮上するものの、飲んでいるのでなかなか進まず。

・全家族が参加できる日程の模索
・予算
・場所、宿
・交通手段

など考えているうちに、あっという間に月日が過ぎ・・・

宿が決まったのは10月下旬でした。

それでもギリギリだったので、もっと早い段階から計画されることをオススメします。

日程

始めは年末年始でなるべく安い日程で!

と考えていたのが、なかなか皆が合う日程がなく、この3連休に。新年に次ぐ高い日程でした・・・。

我が家はこの3連休も下手すると仕事だったので、今回の日程で行けたのは奇跡かも!

予算

赤羽ママさんのスキーツアーの記録を読むと、公共の宿など泊まるとすごくお安いことが分かりました。

でも、川崎はすでに廃止されていて・・・ダンナの学校の寮も不可!残念!

そんな訳でハイシーズンの予算を余儀なくされることに。

赤羽ママの子連れでおでかけっつ:那須でスキー2 – livedoor Blog(ブログ)
今年も 連休を 利用して 那須に 子連れスキー&雪遊びに行ってきました。 4家族16人の大所帯で、 北区の公共の宿「しらかば荘」 に2泊し、ワイワイ楽しんできました。 …

場所、宿

近所のスキー場は、人工雪。仲間のパパが、「子どもに本物の雪に触れさせたい!!!」

とこだわったので少し遠くにしましょうかと言うことになりました。

最終的な候補は池の平と越後中里。

私はネットで調べて池の平だけ部屋が取れたのですが、パパ仲間で旅行代理店の窓口に行き、一応押さえてくれてそちらの方が条件が良かったので越後中里になりました。

でも、やっぱり予算はアップ。

交通手段

雪の中、キャンプみたいに車で集合はきつい!飲めないし・・・

貸し切りバスってどうかな?という案が浮上。

調べたところ、マイクロバス以外にも中型などいろいろと種類があるらしい。

「後ろにサロンがついているのがいい」という強い希望によりサロンバスになりました。

2泊で2往復。子連れで荷物持って新幹線乗り継ぐよりよかったか?

まあ、荷物も宅急便で送れって話ですけど。

貸切バスのことなら【貸切バスの達人】で
おかげさまで2008年にサービスを開始して以来、多くのお客様にご利用いただいております。2回、3回とご利用頂くリピーターのお客様も増えてきており、見積り件数は3万件を突破!初めての方でも安心してご利用 …

はじめはこんな条件で探していました。

親子でスキー・条件

□電車、新幹線またはバスのアクセス
□年末年始
□二泊三日
□5?6家族までOK
□子どもは各家族1~3人
□家族ごとの部屋、和室OK
□病気キャンセル安め、子どもいるため
□夜、宴会ができる
□スキー場までのアクセスが良い
□子どもの託児がある
□子どもが遊べるそりなど施設がある
□小学生以上のスキースクールがある
□レンタル揃ってる

とはいえ、子どもに優しいと評判の宿はどこもこんな感じかも。

プラン企画中、実際に仲間のママさんに送ったメールを載せておきます。

スキーの件

・多くの人が参加できるよう、負担にならない距離、値段
・電車、バスでいける

あたりを考慮して関東のスキー場を調べてみました。

【案】
・御殿場イエティをスキーの拠点に1月3、4日で一泊

◯小田急線だと割引がきいて、新松田からの往復バスと1日券がついて4400円、××駅から新松田まで片道560円。

◯交通費が安くあがる。距離も近い。だいたい二時間半。
新幹線を使う関越方面よりもかなり安くあがるはず。

◯近いし、一泊なら周囲の人も誘いやすい

◯イエティの近くにホテルはないが、送迎バスのついたプランのあるホテルがある

◯キッズスペースや、ソリスペース、飽きたら近所に遊園地ぐりんぱもある

◯スキーもスノボもOK

▲人工雪なので、雪質がどうかな?

▲本格的に滑りたい人には日程的にも物足りないかも。

ダンナとも相談してみて、妥当じゃないかなーなんて話になったのですがいかがでしょうか?

3、4ならまだ休みの人も多いので、8組くらい誘ってもいいねーなんて話になりました。

ほんの思いつきなので、読んで感じられたこと、うちはこうしたい、など、なんでもご意見ください!

イエティなら日帰りでいいじゃないかと言う話になりもっと遠くへ、8組なんて誘えず4組で行くことに。

まとめ

振り返ると、よくこの短期間で日程、宿など決まったもんだ。

予算は宿、交通費含め10万以内で!と思っていたけれど、結局15万近くになっちゃいました~。

これに当日のスキーレンタル、リフト代、昼食代などがプラスされたのよね・・・。

お金かけただけのことはありましたけど。

旅行記②に続きますねー。

関連記事:

【子連れスキー旅行記①】10月上旬からプラン企画でも遅かった!(この記事です)

【子連れスキー旅行記②】幼児連れスキーの持ち物チェックリストはこちら! 

【子連れスキー旅行記③】エンゼルグランディア越後中里攻略記録。

ではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!