【ネタバレ注意】ダイアログ・イン・ザ・ダーク行ってきました!

1ヶ月前から予約して、とっても楽しみだったダイアログ・イン・ザ・ダーク、夫婦で行ってきました!!!

勝間さんのオススメで、いつか行ってみたい~!!!と思っていたのでした。

はじめての方へ より

 目以外のなにかで、ものを見たことがありますか?

 暗闇の中の対話。
 鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、森の体温。水の質感。
 足元の葉と葉のこすれる枯れた音、その葉を踏みつぶす感触。
 仲間の声、乾杯のグラスの音。
 暗闇のあたたかさ。

 ダイアログ・イン・ザ・ダークは、まっくらやみのエンターテイメントです。

 参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、何人かとグループを組んで入り、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。
 その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。

 世界
30か国・約110都市で開催され、2010年現在で600万人以上が体験したこのイベントは、1989年にドイツで、哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれました。
 1999年以降はボランティアの手によって日本でも毎年開催され、約7万人が体験しています。

暗闇で何か体験する、位の知識で行ってみました。

普段できない感覚を味わえます!!!

超オススメ!

5987201712_2e6dcf04d9_m  

ワタリウム美術館を過ぎ(こちらも行きたかった~!)、外苑前のビルの地下にあります。

5987203636_29dbc23d2a_m

15分前に到着。

5987202120_bed6d6e048_m

受付で身分証明書を求められ、腕時計などははずしてコインロッカーに入れるように、また中で飲み物など注文できるので200円から600円を持っていってください、小銭の種類があると暗闇で楽しめますよ、とのことで準備しました。

壁に体験エッセイがあり、それを読むと「見知らぬ人と8人一組でまわる」らしい。

時間になるとアテンドと言われる視覚障害者の方が「目を慣らすための薄明かりの空間」で色々と説明をしてくれます。

ここで白杖を持ち、それぞれ呼ばれたい名前で自己紹介。

おお、ワークショップみたい!

黒いカーテンの向こう側に入ると、そこは真っ暗闇~!
目をあけても、つぶっても変わりません。

周囲に自分の存在を知らせるために声を出すことが欠かせません。
「あきのり、しゃがみます!」「あきのり、ここにいます!」

手を少し前に出すことで物に触れて確認したり、誰かに触れることも多くなります。

その場に全員いるか点呼をしたり、くっついて丸木橋を渡ったり。
協力しないとアクティビティができません。
暗闇でバースデーラインをしたりしました。同じ誕生日の人がいましたよー。

音や触覚に敏感になります。時間の感覚が分からなくなります。
壁に触れると、ホッとします笑。

私は普段書いてものを覚えるので、人の名前が覚えられません。。。
顔も分からないので、声や服の感触を頼りにするしかありません。

縁日や風鈴、など、今回のテーマは夏。
四季により、展示の内容が変わります。

最後に、喫茶店でお茶やお酒を飲めます。

アイスが出されたのですが、匂いをかいでみたり、プラスチックのスプーンを触って確認したり。暗闇でも、ハーゲンは美味しい♪

とにかく、アテンドさんがすごい!
冷蔵庫から氷や飲み物を出し、間違えずに提供していきます。
暗闇でも関係なく、物の場所など分かるようです。

よくよく考えたら、アテンドさんは普段からこの世界に住んでいるんですよね。。。
私たちが普段と違う環境で過ごしてみただけ。。。

一時間強のアクティビティを終え、目を慣らすための薄明かりで振り返りをしたのですが、、、

これが、顔が見えていると妙に恥ずかしい~!!!発言が進みません。
暗闇だと触れたり、協力して色々できたのにね。不思議。

この体験を話すと、「視覚障害者の気持ちを知るってこと?」とよく聴かれます。
上のはじめての方へ、にあるように、もっと深い、見知らぬ人とでも助け合えること、触れ合うこと、普段使っていない感覚を呼び覚まされることなど、たくさんのことを感じられました。

久々に生活意外でだんなと共通体験できたのも嬉しかった~。
デートもたまにはいいね。

多くの皆さんに体験して欲しいワークショップでした~☆
お時間のあるときにぜひ!(一時間半は余裕見てね。うちはお迎えギリギリでした。)

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!