【高校は公立、私立?】東京の高校生の○人に2人は私学。

公立高等学校の授業料無償化が始まって久しいですね。

このブログを読んでいる、小さいお子さんをお持ちで
「子どもは高校までは公立で」
と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

東京都の場合、高校まで公立を貫くのはなかなか難しいようです。

近年のデータはこちら。(久々にエクセルでグラフ作ったわ。。。)

photo

東京都に住んでいたら、

幼稚園はほとんど私立。

小学校は公立。

中学生の4人に1人は私立。(なかなか多いですね)

高校は・・・なんと、約3人に2人が私立に通います。

少子化を予測し、子どもの数が減るだろうと都立高校の定員を減らしてはみたが、思ったより多くの人の流入がありこのようなグラフになっています。

しかも公立無償化により公立学校を第一志望とする生徒の多いこと!

私が営業で行った都内の中学校の先生いわく、
「クラスに私立第一志望の生徒が1人いるかいないかです」

倍率もかなり高く、昨年度は1,5倍!!!
3人都立高校を受験して、1人は必ず落ちる。

受験の合否もなかなか読めないらしく、なんでこの子が落ちたのか?と思うことも多いのだとか。

中学生の96%は高校に通うわけで。
こんな状態で、公立は無償化しました!
と言われても・・・。

子どもの高校卒業までに500万ためれば大学への資金は間に合う!
とはいいますが、高校入学までにある程度の蓄えがないと厳しそうです。

やっぱり、共働きはやめられないな。。。

もう少し家庭の教育費負担が少なくなりますように。(七夕かっ!)

また今年も、私立学校の署名活動ぼちぼち始めますので、良かったらご協力くださいね~

ではまた!

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 都立高校の現状は、本当に切実ですね。
    貯蓄関係の本を読んでいて、「教育疎開」という言葉にいきあたりました。都内から公立の定員が充実している神奈川、埼玉、千葉などの近県へ引越して、首尾よく公立高へ進学できれば、3年間でかなりの金額を節約できるそうです。
    周囲を見ていると、確かに埼玉は公立進学率が高いような気がします。
    保育園は断然都内が恵まれていると感じましたが、、、難しいです。

  • アリーさん
    教育疎開ですと!
    そんな言葉があるんですね。
    確かに地方の方が公立定員は多いし、家賃は安いし・・・で、意外と住みやすいかもしれませんね。
    埼玉は公立は定評あるところが多いですし。
    うーん、難しい~。

  • 東京でも公立に行くのは結構大変なんですね。学校が多いからかなりの割合で公立に行くんだと思ってた(根拠はないけどなんとなく)
    地方だと、勉強できる子は公立(か、ごく限られた名門私立)っていうのが定番ですよね。公立にいけない子はかなり進学に苦労しそうな・・・。東京はとにかく全レベル私立校があるから選択肢が広いのかと思っていました。
    ちなみに、私たちの世代ぐらいまでだと、地方都市は超名門公立校に行くために中学浪人って話がありましたね。
    ベビーブーマーあたりの人(私たちよりすこーし年上ぐらい?)の話かもしれませんが。
    大学が全入時代とか言っているから、高校はもっと簡単に入れるんだろうと当然のように考えていたけど・・・そうでもないんですね。

  • M★さん
    公立私立問わなければ結構どこでも入れると思います。いま、中間層の生徒はほとんど公立志望なので、滑り止めにも引っかからず入学レベルをさげるしかない学校も増えているようなので。
    M★さんの家ならだいじょうぶなのではー?
    うちはすでに九九が怪しいかも、ということが発達検査の結果から予測できるので、中学3年の面談で担任から「もう公立ムリだから、ここしか入れないぞ」って勤務校を勧められるんじゃないかと妄想が膨らんでいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ぴーたん

    共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!