高校生が使っていてビックリ!「優男」ってどういう意味で使ってますか?

「優男」って知ってますか?
この4月に職場復帰したら、生徒がやたらに使ってる。

しかも読み方は「やさお」!!!

思わずマンガにしたためてみました。
久々に描いた~♪

20110623054811_002_3

私の人生における「やさお」とは、

「ヤサ男」=「やさおとこ」=「弱々しい男・ネガティブなイメージ」

生徒のことばでは、

「優男」=「やさお」=「優しい男・ポジティブなイメージ、ほめことば」

へーーーーーーー。

隣の先生に話して、元はどんなことばだったのかねぇ~って辞書引いたら、驚きの事実が!

yahoo辞書より

やさ‐おとこ〔‐をとこ〕【優男】
1 姿かたちが上品ですらりとしている男。また、性質のやさしい男。
2 風流・芸術を理解する男。風雅な男。みやびお。

日本語俗語辞典より

優男とは文字通り、優しい男性という意味で「やさお」とも読まれる。優しい男といえば「情が深い男」「気遣いの出来る男」といったプラスイメージだけでなく、「弱々しい男」「なよなよした男」といったマイナス・イメージも持つ。同様に優男も両方のニュアンスを持つ言葉だが、後者のマイナス・イメージで使われることが多い。どちらにしても優男は山崎まさよしの『ヤサ男の夢』という曲タイトルや、大黒摩季のヒット曲『チョット』の間奏(ラップ)部分、その他小説などの文献に見られる程度で、日常会話ではあまり使われなくなった言葉である。

どうやら、元々はほめことば→ネガティブなイメージ→今、若い人でほめことば・・・?

隣の先生と立てた仮説では、

・大昔→ほめことば
・戦前、戦後の男性優位社会→弱々しい、なよなよした、ネガティブなイメージ
・現在→ほめことば

よって、「オレについてこい」「亭主関白」よりも「やさしい」男性が好ましくなってきている。草食系男子が優位なのかもしれない。

いかがでしょうか?

まあ、実際女子生徒と話すと「男にリードされたい」「束縛されたい、好きな相手に言われたら、ケータイの男子の連絡先削除したり、他の男子と話さないとかいいじゃん」など、おいおい、それDVだろ、みたいな生徒も多いんですけどね~。

先日書いた「家庭科男女共修17年」でも触れましたが、やっぱり私たちとは全然感覚が違います。

流行り言葉に関して、生徒に教えられることが多いです。

昨日もいろいろ教えてもらった♪

またネタがたまったら紹介しますね。

教育系の記事はこちらのブログで読めます♪>>ブログ「まなびと!」

ではまた!

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 優男!まさに今日高校二年生の娘と話した事柄です!
    時代の流れなんですね。納得しました。

    • Snowさん
      こんにちは!
      コメントありがとうございます。
      言葉って時代で変わるんですね〜
      先日、優しい女の子は優女(やさじょ)って呼ばれてました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ぴーたん

    共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!