【あな吉手帳術】一元化、細分化、お化け退治が腑に落ちた!!

あな吉式手帳術、どんどん進化しています。ご報告です。

題名の通り、「腑に落ちる」瞬間を感じることができました。

「一元化」

とにかく、時間のあるときに手帳を開けば、仕事でもプライベートでもやるべきことがすぐわかる!
付箋に書き込めばもう「やること」に決定。

「細分化」「お化け退治」

なんとなく手をつけてなくてそのまま残っている付箋。

なんで手がつけられていないのか?考えるようになりました。

大体、

「TODOが大きすぎる」

「苦手」

「締め切り近い仕事に追われて手がつけられない」

それぞれ、

「もっとすぐ出来るはじめの一歩に細かくする」

「だれかに任せられないか考える」

「追われている仕事が終わって手がつけられる状態まで待つ」

ということにしてみました。

細分化の「全体から部分へ」はとーーーーーってもよくて、私のゼロイチ思考にかなり変化がありました!

たとえば、
①「今日の授業ダメだった」→
「いや、すべてがダメなはずはない。どこができて、どこができなかったのか分けて考えよう」
ということで、良い授業とは?と付箋に一つずつ書いて行き、チェックリストにしてみたり。

5647019765_676ab33d70_m   

②「前任者のマネジメントが良すぎて、いつも仕事するときに比較し自分がダメ人間に感じて苦しくなる。」→
「いや、すべてが良かったわけではない。どこが良くて、どこが改善すべきところなのか書き出して良かったと思うところは真似しよう」

これ、勝間さんの「インディ本」に書いてあって、4年前から心がけていたのにできなくて凹んでいたこと。岡田さんのスマートノートにもあったなぁ。

人に対しても、「あいつダメ」「あの人サイコー!」みたいな評価をしなくなりました。

誰かと比較して落ち込むことも劇的に少なくなった~。

精神衛生上大変よろしいです。GOOD!!!

他にも、ゆくゆくはやらなければならない仕事を、授業のあき時間にどんどん着手できるようになりました。
普段は緊急の仕事が一段落したらお茶なんか飲んでホッとしてましたよ。。。

でも帰宅まではリミットあるし、ゆくゆくは・・・やらなければならないことは直前にはいつか自分の首を絞める。

そういった仕事をどんどんまとめて、長期休み中に着手するようにしよう。

以下、いろいろ進化中~。

5647585020_d4b16749da_m 5647019135_108b2009a4_m

息子の小学校の年間予定をA4に縮小してパンチして閉じる!
ポケットには、一筆箋、クリップ、ばんそうこう、油性ペン、蛍光ペン、はんこ入れてます。

5647021233_6b00e502bb_m

昔手帳に張っていたチェックリストやフレームワークを印刷して綴じてます。

今日はゆっくり休もう~

ではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ぴーたん

共働きで小学生、保育園児の3児の母です。2016年はブログに本腰を入れるためオンラインサロンに入りました。子育て、お買い物、お出かけ、ビジネス書の書評など、自分の経験から皆さんの生活を豊かにするお手伝いをしたいと考えています。よろしくお願いします(*^^*)!